きゅうりのおかず・きゅうりレシピ











 

目次

きゅうりとワカメの酢の物 ちくわきゅうりのわさびマヨ きゅうりのもずく酢 きゅうりの食べるラー油和え きゅうりたっぷり棒々鶏(バンバンジー) きゅうりとカニカマ巻き 帆立とワカメときゅうりのサラダ 大根、きゅうり、人参の胡麻マヨ 冷やし中華 きゅうりたっぷり春雨サラダ ワカメときゅうりとちくわのマヨぽん きゅうりとカニカマのサラダ巻き もやしときゅうりの食べるラー油和え ハンペンとワカメときゅうりのマヨぽん かぼちゃときゅうりとハムのマヨサラダ ちくわときゅうりのごまマヨ 豚しゃぶサラダ 太巻き きゅうり、大根、ちくわのマヨサラダ きゅうりとびっこ巻き きゅうり・セロリ・人参の野菜スティック サラダうどん タコときゅうりの和風サラダ はんぺんときゅりのツナマヨ きゅうりの塩昆布漬け きゅうりとワカメとしらすの酢の物 きゅうりのゆかり漬け 味噌きゅうり タコときゅうりの酢の物 キムチときゅうり和え 豆もやしときゅうりのナムル いかときゅうりのマヨサラダ イカのマリネサラダ きゅうりと中華くらげ和え ウドときゅうりのごま味噌マヨ 叩ききゅうりの浅漬け きゅうりとワカメとカニカマの酢の物 生春巻き ナス、きゅうり、みょうがの浅漬け きゅうりのピリ辛漬け 叩ききゅうり、みょうがの浅漬け 叩ききゅうりのおかかマヨ きゅうりの塩昆布、梅和え レンコンときゅうりの胡麻マヨ イカ、きゅうり、トマトの和風サラダ ジャージャー麺 海藻サラダ もやしときゅうりとカニカマサラダ りんごのサラダ もずく、きゅうり、トマト和え カニカマの春雨サラダ 切干大根とツナマヨサラダ もやしときゅうりのゴママヨサラダ もやしときゅうりのゆかりおかか ささみときゅうりのサラダ 野菜とちくわのマヨドレサラダ きゅうりとザーサイ和え タコときゅうりのキムチ 冷やしたぬきうどん 豆腐の彩りサラダ 切り昆布のマヨぽんサラダ マカロニサラダ ポテトサラダ スモークサーモンのマリネサラダ 豆腐のサラダ きゅうりと豚肉のピリ辛炒め

    • 献立カテゴリ・食材別検索
      魚レシピ簡単 肉レシピ簡単 魚介レシピ簡単 炒め物レシピ簡単 豆腐レシピ簡単 野菜レシピ簡単 卵レシピ簡単 煮物レシピ簡単 和え物レシピ簡単 サラダレシピ簡単 丼ものレシピ簡単 ご飯レシピ簡単 スパゲティレシピ簡単 スープレシピ簡単 グラタンレシピ簡単 味噌汁レシピ簡単 浅漬けレシピ簡単 練り物レシピ簡単 なべレシピ簡単 おやつレシピ簡単 鶏ささみレシピ簡単 鶏もも肉レシピ簡単 鶏ひき肉レシピ簡単 合挽き肉レシピ簡単 豚肉レシピ簡単 牛肉レシピ簡単 エビレシピ簡単 あさりレシピ簡単 イカレシピ簡単 イワシレシピ簡単 マグロレシピ簡単 さんまレシピ簡単 鮭レシピ簡単 じゃがいもレシピ簡単 さつまいもレシピ簡単 かぼちゃレシピ簡単 トマトレシピ簡単 もやしレシピ簡単 ピーマンレシピ簡単 大根レシピ簡単 ニラレシピ簡単 ほうれん草レシピ簡単 里芋レシピ簡単 ナスレシピ簡単 きゅうりレシピ簡単 キャベツレシピ簡単 ブロッコリーレシピ簡単 レンコンレシピ簡単 ごぼうレシピ簡単 白菜レシピ簡単 きのこレシピ簡単 レタスレシピ簡単 夕飯のおかず
      運営者へのemail/お問い合わせ


      ▽食材豆知識&つぶやき


      ■野菜・食材豆知識・胡瓜(きゅうり)
      きゅうりの効能・・・夏野菜といえば胡瓜を思い浮かべる人も多いですが胡瓜の主な成分は水分でβカロテン・ビタミンCの他にビタミンK・カリウムなどの栄養が含まれています。ビタミンCは疲労回復、活性酸素を抑える、免疫力を上昇させる効果があり 夏バテしやすい夏の時期に胡瓜をサラダなどで食べるのは 夏の水分補給やビタミン補給に役立っています。 きゅうりはサラダなど生でいただくことが多いですが 実はサッと炒めて食べるのも生とは又違った美味しさが味わえます。 胡瓜の皮はトゲトゲしていますが 新鮮で美味しい胡瓜ほどこのトゲトゲがしっかりしていることが多いです。旬のみずみずしい胡瓜はお味噌をつけて丸ごとシンプルに食べるのも美味しいですよ。

      私は若い頃は胃が丈夫で 何をどう食べても胃や腸にくることは無かったですが30代半ば頃から胃腸の働きが低下してきたらしく、食べすぎたり ストレスがあったりすると胃腸にくる ( 胃がもたれる、胃腸の調子が悪くなる ) ようになりました。私の親も (父・母共に) 過去に胃・腸の病気をしており、聞けば先祖代々胃腸の悪い人が多かったらしく「 自分の胃腸が悪いのは遺伝だからしょうがない 」と思ってしまったりもするのですがやはり 健康は一日にしてならず、で 「 日々の心がけ、積み重ねが何より大事 」 だと思い、「 胃腸の悪い人、弱い人が 日々の食生活で気を付けたい点 」 を まとめてみました。①腹八分目にする。私の経験上、とにかく胃腸には 「 一度に沢山食べる 」ような腹八分目を超えて 「 お腹いっぱいになるまで食べてしまう 」ような事が一番悪いと思います。その為には 早食いをせず、ゆっくりよく噛んで食べたり、「 お腹がいっぱいになってきたな 」と感じたら 無理して全部食べようとせず食べれない分は残して 又お腹がすいたら食べれば良いと思います。( 昔は食事を残すのは行儀が悪いと言われましたが 無理して食べ過ぎる方が体に悪いと思います )又 夜遅い時間に食べてすぐ寝るのも胃腸によくないです。②消化の悪いものを控える。ナッツ類やあたりめ、スルメ、肉の脂身や脂肪の多い物など③揚げ物など脂肪の多い食事を控える。フライや揚げ物など油、脂肪の多い食事は胃がもたれやすいです。お魚や肉でも、焼く、蒸すなど、調理法を変える、 揚げ物をするにしても、新しい油で揚げるなど色々と工夫すると良いと思います④刺激の強い物やカフェインの多いものを取り過ぎない。唐辛子などの辛いもの、コーヒーなど⑤その他の控えたいもの。アルコールやタバコなど⑥お腹を冷やさないようにする。私はよく夏になるとお腹を冷やして下したりするのですが暑い時期は薄着になり 冷たい物を飲むので、お腹も冷やしてしまいがちですよね。なので私は 夏になると腹巻をし(冬はしないのに笑)、お腹だけは冷やさないようにしています。又、冷たい飲み物も胃腸を冷やすので 出来るだけ常温で飲むようにしています⑦日々の料理・献立にもひと工夫。例えば野菜を茹でる時に少しやわらかめに茹でたり 煮物やスープなども具材によく火を通したり、食事の献立を考える時に、繊維の多い消化の悪そうなおかずがある時は、他のおかずを消化の良いおかずにして組み合わせたり、野菜も小さめに切ればそれだけ火が通りやすかったりするので、料理を作る時や献立を考える時に 「 出来るだけ胃に負担をかけないように 」 との思いで工夫して作ったり考えたりすると良いと思います。⑧ストレスを減らす。食事以外に考えられることといえば 何といっても 「 ストレス 」 ですよね。私のストレスへの対処法は 解決出来ることは 解決法を考えて小さくしていく、解決出来ないこと、どうしようもないこと、どうにもならないことは最善を尽くして 「 やるだけやって駄目ならしょうがない 」 と開き直ります(笑)私自身ストレスをうまくコントロール出来ているとは言えないので、偉そうな事は言えませんが、うやむやにしたりしないで 1つ1つ向き合って自分なりの答えを出していくと良いと思います。あとは趣味や楽しみを持つことも大事ですよね。(ちなみに私は漫画が大好きなので 漫画が楽しみでありストレス解消にも役立っています)⑨日々心がけることが一番大事。胃が悪い、と一口に言っても 胃酸が多いタイプと少ないタイプなど、人によって症状も対処法も違ってくると思うのできちんとお医者さんに行って診てもらったり、適切な薬を飲んだりするのも大事なことですが、私が思うに 一番大事なのは 「 日々の気を付け、心がけ 」で、よく「 喉元過ぎれば熱さ忘れる 」 と言いますが、体調が悪い時は色々と気を付けようとするし気を付けるものですが、体調が良くなってしまうと ついつい食べ過ぎたり飲みすぎたり無理をしたりってことになりますよね。なので体調の良い時も悪い時も、日々「 胃腸をいたわる 」気持ちを忘れず気を付け、心がけながら生活していくことが大事だと思います。私の経験上、胃腸が元気でちゃんとお腹も空く時は、栄養もしっかり吸収されて体も元気で、逆に胃がもたれてたりすると、食欲も沸かず栄養もしっかり吸収されず、体調不良になりやすいと思います。あと私の場合、食欲のない日が続くと、胃腸の働きが悪い、低下してるせいなのか、お腹も下しやすくなるみたいです。 (あくまで私個人の話ですが)なので 私は胃腸の健康と体の健康、体調とは大いに関係があると思っています。皆さん、胃腸って凄く大事ですよ!! 日頃から胃腸を大事にいたわって大切にしていきましょうね。本屋さんや図書館に行けば 胃腸の本は勿論、食生活や健康に関する本が沢山置いてあるので色々読んでみるのも参考になりますよね。あまり食べる物や食生活に神経質になり過ぎるのもよくないと思いますが、健康って一番大事だと思うので、自分で色々勉強したり考えたりすることは大事な事だと思います。




    • きゅうりの絵本 きゅうりの絵本 自分できゅうりを育てて、とれたてのパリパリを楽しもう。きゅうりの品種から、栽培のしかた、健康診断、収穫のめやす、 プランターでの育て方、カッパ巻・ピクルス・オイキムチの作り方などを紹介。
    • きゅうり百科 きゅうり百科 チベット生まれのきゅうりには環境条件により雄花になったり雌花になったりする花があるなど、観察する魅力もまた大きい。 しかし野菜の代表選手でもある。そんなきゅうりを、きゅうりの専門家である著者が、様々な角度から紹介。
    • 妊娠、授乳中のごはん 妊娠、授乳中のごはん おいしい・栄養満点・なのに低カロリー・妊娠・授乳期のデリケートな体を考えて作られた、症状改善レシピです。 素材の味をいかしたヘルシーなおかずを、たくさんめしあがれ。 妊娠中のトラブルや悩みは"食べて"解消
    • 食品添加物・農薬を落とす方法 食品添加物・農薬を落とす方法 読んだその日から実践でき、 食品への不安がスッキリ解消する一冊。 食品添加物、ダイオキシン、有機化合物、残留農薬…。毎日の食卓、 危ない食品を平気で食べていませんか?
    • 美味しい野菜の見分け方 美味しい野菜の見分け方 舌の経験と農学を使って、キャベツ、いんげん、 トマト、ほうれん草、じゃがいも、大根……おいしい野菜の見分け方のヒケツを明かす。
    • きゅうりダイエット きゅうりダイエット きゅうりをはじめ、生野菜やくだものには酵素がたっぷり。酵素をたくさん採ると、腸内環境が整い 、代謝がグンと上がります。太りにくい体になる上、細胞が生き生きするので、美肌や免疫力アップにも効果あり。
    • 野菜作り入門 野菜作り入門 きゅうり・トマトなどのおなじみ野菜のほか、 鉢植えで育てるサラダ野菜、ハーブ、緑のカーテンなども紹介。 家庭菜園や鉢植えでの野菜作りの入門書
    • 料理の裏ワザ 料理の裏ワザ メニューがありきたりだったり、 もっと手際よく作りたいと思っている方に誰にでもできる ちょっとした料理の裏技をご紹介していきます。
    • 盛りつけの基本 盛りつけの基本 基本ルール、器と料理の関係、配色や素材など、プロの経験から生み出された実用的なアイデアが満載。 料理の印象ががらりと変わる・ 料理の印象ががらりと変わる・盛りつけのルールとコツ。
    • 胡瓜の生態と栽培技術 胡瓜の生態と栽培技術 きゅうりを営利生産するために必要な生産技術をまとめた栽培書。 第1部では、「生理・生態」について、 雌花と雄花の着生の仕方と品種、開花と結実の生理、果実の生長の様子や曲がり果のメカニズム、葉の生理、根の生理、などを解説。