じゃがいものおかず・じゃがいもレシピ









 

目次

肉じゃが じゃがいものジャーマンポテト じゃがいものコロッケ じゃがバター じゃがいものポタージュ じゃがいものそぼろ煮 じゃがいもの味噌汁 じゃがいものポテトサラダ じゃがいものフライドポテト じゃがいも、ツナのチーズ焼き じゃがいもと人参のきんぴら じゃがいものジャーマンポテトのチーズ焼き じゃがいもの厚切りポテトフライ カニカマとじゃがいものマヨサラダ じゃがいもとピーマンのきんぴら じゃがいものガーリックポテト じゃがいもと挽き肉の炒め物 ポテトのチーズマヨ焼き じゃがいもの煮物 ツナじゃがいも ゆで卵とじゃがいものマヨ和え じゃがいものゴマ和え 鮭とじゃがいものバターホイル焼き ブロッコリー、じゃがいものマヨチーズ焼き 鮭とじゃがいものマヨチーズ焼き タラとじゃがいものホイル焼き イカとじゃがいもの煮物 じゃがいも、ベーコン、卵のサラダ じゃがいもの味噌煮 じゃがいもとインゲンの煮物 じゃがいもとニラの味噌汁 じゃがいものジャーマンポテトサラダ じゃがいもとお魚ソーセージのポテトサラダ じゃがいものポテトグラタン じゃがいものツナポテトサラダ じゃがいものガレットチーズのせ じゃがいもの掻き揚げ ブロッコリーじゃがいもにんにく炒め じゃがいもの鮭のポテトグラタン じゃがいものマッシュポテト じゃがいもポテトのミートソースグラタン じゃがいものポテトオムレツ タコとじゃがいものソテー じゃがいものサモサ 枝豆ポテトサラダ キャベツとじゃがいもと挽肉炒め じゃがいも入りチヂミ じゃがいもの皮付きポテトフライ じゃがいもとちくわのポテトサラダ 煮物の残りでひじきとじゃがいものポテトサラダ じゃがいもの煮ころがし そら豆ポテトサラダ 鮭とじゃがいもの煮物 ホタテとじゃがいもの炒め物 じゃがいものガレット じゃがいもの粉ふきいも そぼろ肉じゃが マーボーじゃがいも じゃがいものポテトチップス じゃがいもの芋餅

    • 献立カテゴリ・食材別検索
      魚レシピ簡単 肉レシピ簡単 魚介レシピ簡単 炒め物レシピ簡単 豆腐レシピ簡単 野菜レシピ簡単 卵レシピ簡単 煮物レシピ簡単 和え物レシピ簡単 サラダレシピ簡単 丼ものレシピ簡単 ご飯レシピ簡単 スパゲティレシピ簡単 スープレシピ簡単 グラタンレシピ簡単 味噌汁レシピ簡単 浅漬けレシピ簡単 練り物レシピ簡単 なべレシピ簡単 おやつレシピ簡単 鶏ささみレシピ簡単 鶏もも肉レシピ簡単 鶏ひき肉レシピ簡単 合挽き肉レシピ簡単 豚肉レシピ簡単 牛肉レシピ簡単 エビレシピ簡単 あさりレシピ簡単 イカレシピ簡単 イワシレシピ簡単 マグロレシピ簡単 さんまレシピ簡単 鮭レシピ簡単 じゃがいもレシピ簡単 さつまいもレシピ簡単 かぼちゃレシピ簡単 トマトレシピ簡単 もやしレシピ簡単 ピーマンレシピ簡単 大根レシピ簡単 ニラレシピ簡単 ほうれん草レシピ簡単 里芋レシピ簡単 ナスレシピ簡単 きゅうりレシピ簡単 キャベツレシピ簡単 ブロッコリーレシピ簡単 レンコンレシピ簡単 ごぼうレシピ簡単 白菜レシピ簡単 きのこレシピ簡単 レタスレシピ簡単 夕飯のおかず
      運営者へのemail/お問い合わせ


      ▽食材豆知識&つぶやき


      ■野菜・食材豆知識・じゃがいも
      じゃがいもの効能・・・じゃがいもの主な成分は炭水化物ですが、ビタミンCやビタミンB1、カリウム、食物繊維なども豊富に含まれています。 じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴で その為フライドポテトやポテトチップスなどの揚げ物、肉じゃがなどの煮物にもよく利用されます。 じゃがいもの芽にはソラニンという体に害のある成分が含まれている為、皮を剥き調理するさいにはじゃがいもの芽は丁寧に包丁でとりのぞきます。 春には「新じゃが」と呼ばれるじゃがいもが出回りますが 皮が薄くみずみずしいので 新じゃがはシンプルに蒸してバター、醤油をかけて食べるのも美味しいです。 じゃがいもは色々な品種があり、料理や調理法によって品種を変えると一層上手く作れます。例えば男爵薯はホクホクとした食感が特徴で コロッケやポテトサラダによく合いますが、 煮くずれしやい為 カレーや煮物には不向きです。 メークインは煮くずれしにくいので 煮込み系の料理(カレーや煮物など)にはメークインが適しています。

      胃腸が弱い人、腰が痛くなりやすい人は お腹は絶対に冷やしたら駄目です。特に女性は、下腹部に子宮があり、生理の時などお腹を温めているか、冷やしているかで症状が軽くなったり重くなったりするので、普段からお腹の調子が良い方でも女性でしたらお腹は夏でも、1年中冷やさないことです。私は春・夏など、暖かい時期にお腹の調子が悪くなることが多く、気温が上がり、暖かくなってくると薄着になり、体は薄着でちょうど良くても お腹だけは冷えてしまうようです。で、以前は腹巻きをしていたのですが、私の場合、腹巻きだと、したりしなかったりで、しない日も多く、締め付け感があるのもあまり好きじゃないのと、腹巻だと下腹部の、お腹の下の方がスースーしてしまうので、腹巻以外で良い方法ないかな、と 色々な人に相談し、色々自分で試してみた結果「ヘソの上までしっかり包む、裏起毛の冬用のあったかパンツ、厚めの生地で大きいサイズのパンツ(ショーツ)を2枚重ねて履く」という方法が 私には一番良かったです。たぶん、カイロや腹巻きだと部分的でお腹の下の方やお尻までは温められないのと「やったりやらなかったり」になってしまい、365日、24時間、いつでもってのは無理なので、どうしても続かない。パンツ(ショーツ)なら毎日はくし、下腹部やお尻、腰もしっかり全て温めた方が良いんだと思います。お腹だけ温めても下腹部や腰の調子があまり良くならないです。で、私はLとかLLサイズのパンツとかだと普通なので、4Lサイズの厚めのしっかりした生地のパンツを数枚買い、以前履いていた、見た目はイイけど生地の薄い、小さいパンツは全て捨て、(※ちなみに私は標準体型です)おへその上までしっかり包むパンツを2枚重ね(日によって3枚重ね)にして履くようにしたら、度々下腹部の痛みがあったのが大幅に減り、生理の時の下腹部の痛みも軽減し胃腸の調子は、といえば、これはあまり変化ないですが、腰が痛むこともだいぶ減り、とにかくお腹、下腹部、腰の痛みが、大幅に減りました。たぶん大きいパンツはウェストの幅も広いので、締め付けがないのも良いんだと思います。「大きいパンツっておばさんみたいでかっこ悪い」と思われる方は「腹巻き付きパンツ(腹巻き付きショーツ)」って知ってますか?腹巻きとパンツ(ショーツ)が一体になって、つながってるもので、これだと腹巻きをする必要もないし大きなパンツはチョッとな、という方には良いかもです。「腹巻き付きパンツ(腹巻き付きショーツ)」はスーパーでも見かけますが、通販とかネットでも結構売ってますよ。あとは、毛糸のパンツとかも売ってますが、時期的に、夏などの暑い時期より寒い冬の方が生地が厚く、保温効果の高い下着が品数豊富に売ってますので、パンツでも毛糸のパンツでも腹巻でも何でも良いですが、買うなら冬の寒い時期がお勧めです。長々書いてしまいましたが、若い世代の女性など、下着を選ぶ時に、見た目やファッションで「かっこ良く、スタイル良く、セクシーに見える」ことを基準に選んでしまいがちだし、下着メーカーも「お腹を冷やさないように」とか「体を締め付けないように」なんてことは、 二の次なのかな、とも思います。個人的な意見ですが、老若男女、全てのパンツ(ショーツ)は、「おへそがしっかり隠れる位いの長さ」にした方が、本当の親切なんじゃないかと思います。「ショーツはお腹や腰、子宮を冷やさないためのもの・体を守るもの」という認識が、作る側にも履く側にも広まれば、お腹の不調や生理痛で悩む人が減るかもしれないし、世の中に可愛いデカパンが増えるかもしれない(笑)ちなみに私はブラジャーも、締め付け感が嫌いで、家の中では一切しないし、外でもゆるゆるの、寄せて上げる効果が一切期待出来ないブラを付けてます(笑)「胸が垂れそう」という方にお勧めなのが、私が個人的に数年前からやっている、バストアップ法があるのですが、よく100円ショップとかで 握力を鍛えるためのハンドグリップって売ってますよね?あれを、ちょうどお祈りをするみたいに両手を合わせて、その手と手の間にハンドグリップを挟んで肘を上げて肘を八の字に開いて、胸の高さ位いで両手で左右からググーっと押す、っていうのを、1日に20回位いでいいので継続してやると、バストアップの効果があります。たぶん、胸の辺りの筋肉を使うせいだと思いますが、興味のある方はやってみてください。上記以外で気を付けていることといえば、 揚げ物に使った油など 古い油は捨てる(私は大体3回位いで捨てます)質の良い睡眠をとるために、敷布団や掛け布団は、ちょっと値段が高くても寝心地の良いものを使う、あ、あと、なんといっても忘れてならないのが「 運動 」ですよね。用事のない日でも、出来るだけ1日1時間位いは外に出て歩くように心がけています。本当は時間とお金に余裕があったら、エアロビみたいに 音楽にのせて楽しく体を動かせたら良いのになぁ、なんて思います。( スポーツクラブとかでエアロビしてるの見ると、みんな楽しそうだし気持ち良さそうですよね)余談ですが 私は若い頃、ただ痩せたい、痩せれば綺麗になれると思い 無理なダイエット等をした経験がありその頃は「太るか太らないか」という狭い視野でしか食を考えることが出来なかったな~。今は 「とにかく健康であることが一番大事!!」 だと分かりあまり体重は気にせず、1日3食しっかり食べてよく歩き、よく寝ることをモットーにしています。




    • じゃがいも豚こまレシピ じゃがいも豚こまレシピ スーパーの特売食材を使ったおかずレシピシリーズ。第2弾は、 袋売りでお得な(じゃがいも)と、大容量パックが人気の(豚こま切れ肉)の2種のレシピを収容
    • ジャガイモ事典 ジャガイモ事典 ジャガイモは"大地のリンゴ"と呼ばれ、穀類のようなエネルギー供給源としての性格と、食物繊維やカリウム、 ビタミン類、色素類を含む野菜のような性格の両面を持っています。またジャガイモはいもの貯蔵でん粉をエネルギー源とするため、 初期生育が早く、生育期間が3か月と短いことから、高温期を避けて栽培することで寒帯から熱帯まで栽培が可能です。
    • 香の定番料理 香の定番料理 簡単なのにおしゃれに見える料理が、働く女性から大人気の料理家が、ふだん家で作り続けている (定番料理)のレシピを公開。ハンバーグ、コロッケ、トマトカレー、筑前煮、 ちらし寿司…どの家庭でも食べるような親しみのある料理と、飾らないふだんの生活ぶりを紹介。
    • じゃがいもの本 じゃがいもの本 もやし(白菜)(じゃがいも) を使った料理のABCをわかりやすく紹介。食材の扱い方から、品種や特性にあった調理法まで、簡単な調理方法でおいしい料理がつくれます。
    • 朝つくらない お弁当の手帖 朝つくらない お弁当の手帖 お弁当持参の人が増えていますが、いざ自分で作るとなるとやはり(面倒、朝は時間がない、お弁当用におかずを作っても 材料が余る)などの声が聞かれるのも事実。そんな忙しい人のことを考えた画期的なお弁当のおかずレシピ集です。
    • そのまま調理のすごワザ便利帳 そのまま調理のすごワザ便利帳 余りがちな野菜類を、生のまま冷凍することで保存の利く、 使い勝手のよい素材に変身させるというすごワザは、忙しい主婦の方
    • やせぐせがつくレシピ やせぐせがつくレシピ ふだんおかず、身近なおかずを野菜たっぷりにするだけで、食べごたえアップ、カロリーダウン。 毎日続けられる500kcal台以内の組み合わせ献立で、あと3kg・がやせられる。
    • 世界のジャガイモ料理事典 世界のジャガイモ料理事典 ジャガイモとトマトのスープ、ロシア風ゆでジャガ、ジャガ玉チップ…。ペルーの国際バレイショ研究所(CIP)に、 世界中から集う研究者の妻たちが各国のジャガイモ料理を紹介。
    • 初めての離乳食 初めての離乳食 レシピ、進め方、調理テクなど、知っておきたい基礎知識の決定版。調理が楽になるスピードテク、 お悩み解決QAも充実。写真イラストで、子どもの成長に合った進め方がよくわかる
    • ごちそうレシピ ごちそうレシピ 誰かと一緒に食べたくなる、誰かを自宅に呼びたくなる…。 そんな料理で、数多くの生徒を魅了している、レシピをまとめて紹介します。