ごぼうのおかず・ごぼうレシピ





 

目次

きんぴらごぼう ごぼうと牛肉のしぐれ煮 人参とごぼうの掻き揚げ 人参ごぼうのゴママヨサラダ たたきごぼう ごぼうの唐揚げ 筑前煮 ごぼうと豚肉のしぐれ煮 牛肉のごぼう巻き 人参とごぼうとコーンのサラダ レンコン入りきんぴらごぼう ごぼうとさつま揚げのきんぴら 豚ごぼう炊き込みご飯 鶏ごぼう鍋 モツ煮込み 豚汁 鶏とごぼうの柳川丼 けんちん汁 さつま汁 さつま揚げと根菜の煮物 とり汁 うなぎの柳川丼 里芋とごぼうと鶏ももの煮物 鶏五目炊き込みご飯 根菜の煮物 レンコンとごぼうと豚肉の煮物 鶏だんご汁 鶏肉とごぼうとこんにゃくの煮物 ごぼうと牛肉の柳川丼

    • 献立カテゴリ・食材別検索
      魚レシピ簡単 肉レシピ簡単 魚介レシピ簡単 炒め物レシピ簡単 豆腐レシピ簡単 野菜レシピ簡単 卵レシピ簡単 煮物レシピ簡単 和え物レシピ簡単 サラダレシピ簡単 丼ものレシピ簡単 ご飯レシピ簡単 スパゲティレシピ簡単 スープレシピ簡単 グラタンレシピ簡単 味噌汁レシピ簡単 浅漬けレシピ簡単 練り物レシピ簡単 なべレシピ簡単 おやつレシピ簡単 鶏ささみレシピ簡単 鶏もも肉レシピ簡単 鶏ひき肉レシピ簡単 合挽き肉レシピ簡単 豚肉レシピ簡単 牛肉レシピ簡単 エビレシピ簡単 あさりレシピ簡単 イカレシピ簡単 イワシレシピ簡単 マグロレシピ簡単 さんまレシピ簡単 鮭レシピ簡単 じゃがいもレシピ簡単 さつまいもレシピ簡単 かぼちゃレシピ簡単 トマトレシピ簡単 もやしレシピ簡単 ピーマンレシピ簡単 大根レシピ簡単 ニラレシピ簡単 ほうれん草レシピ簡単 里芋レシピ簡単 ナスレシピ簡単 きゅうりレシピ簡単 キャベツレシピ簡単 ブロッコリーレシピ簡単 レンコンレシピ簡単 ごぼうレシピ簡単 白菜レシピ簡単 きのこレシピ簡単 レタスレシピ簡単 夕飯のおかず
      運営者へのemail/お問い合わせ


      ▽食材豆知識&つぶやき


      ■野菜・食材豆知識・牛蒡(ごぼう)
      ごぼう(ごぼう)の効能・・・ごぼうは野菜の中でも食物繊維が特に多く便秘解消効果があります。低カロリーで食物繊維が豊富なごぼうはダイエット効果・便秘解消など女性に嬉しい美容効果の優れた食品でダイエット食品・美容食品としても色々と利用されています。又コレステロール値や血糖値の上昇の抑制などの効果もあります。 ごぼうを調理する時は 先ず皮をそぎ 包丁でカットした後に水にさらしてアクを抜きます。 きんぴらごぼうなどの炒め物の他 豚汁などのお味噌汁、かきあげなどの天ぷらにしても美味しいです。 ごぼうはあまり太すぎるものは 中に「ス」が入ってイマイチな食感なことがあるので ごぼうを選ぶ時は太すぎるものより細めのものを選ぶと良いです。

      ■食と健康。食べることは毎日のことですが 皆さんが食事で気をつけていることは何ですか?私が日々思うことは 「 家族の健康 」で 食事を作ったり買物をする時に "一番に思うこと" は「 家族に 出来るだけ体に良いものを食べさせたい 」 ということです。(ちなみに我が家は、母が血圧が高めなので塩分を、父は胃が弱くもたれやすいので脂肪分を減らすように心がけています。当サイトは夕食を紹介したサイトですが、 家族皆、胃がもたれやすく、特に夜、夕食後に胃がもたれる、胃の調子が悪くなるので、夕食は量を少なめに、食べ過ぎないようにし、腹八部位いを心がけ、消化の良いものを心がけています) 以下は私が日々の食生活で気を付けていることです。■味付けは薄味に、塩分を控えよう。よく 「塩分を摂り過ぎると高血圧になりやすい」 と言われますが、その理由を簡単に書くと塩分を摂りすぎると血液中の塩分濃度が上がり、それを一定の濃度に下げるために体内に水をためこみ 薄めようと働きその結果体液(血液)の量が増え 血管に圧力がかかり血圧が上昇する、と言われています。塩分は生命維持に必要不可欠な要素であり 塩分が不足することも体にとって悪いし危険ですが日本人は世界的に見ても 塩分の摂取量が多い国なので 不足より過剰になりやすい傾向があります。2010年の厚生労働省の食事摂取基準では ナトリウム(食塩)の1日の摂取量、目標値は「 男性は1日9g未満、女性は7.5g未満 」とされていますが、普段から血圧が高い方の1日の塩分摂取量は 6g以下 です。ラーメンなど、麺類は総じて塩分が高いため、 汁は残すなど工夫するといいです。ハムや練り物などの加工食品、漬物など、元々塩分の含まれている物を取り過ぎないようにする。又、野菜や果物などに含まれる「カリウム」は、余計な塩分を排泄する働きがあります。血圧は家庭で簡単に測れるので、血圧が気になる方は毎日測ると体調管理しやすいです。(家で毎日測る場合、手首で測るタイプが簡単に測れてお勧めです)味付けは 「 ちょっと薄いかな? 」 位いが 調度良いかと思いますが、薄すぎても味気ないですし、食事を美味しいと感じて食べることはとても大事なことだと思うので、「料理のおいしさを損なわない程度」の薄味を心がけましょうね。「 過ぎたるは なお及ばざるが如し 」です。■動物性脂肪を取り過ぎない。肉はたんぱく質を多く含み たんぱく質は筋肉や血液を作るのに必要な栄養素であり、不足すると貧血や筋力、免疫力の低下などを引き起こすなど、とても重要な栄養素ですがお肉の特に脂肪(脂身)の部分は 食べ過ぎると悪玉コレステロールが増えるなど、 動脈硬化につながる為肉も脂身をさけ 脂肪の少ない赤身、ささみ、ムネ肉にするとか、鶏の皮(脂身)ははがすとか脂肪の多いひき肉も 赤身を選び、あまり色の白っぽいものは避ける、冷凍した赤身のお肉をレンジの解凍機能等で包丁で切りやすい固さにしてスライスしたり、叩いてミンチにしたりと 色々と工夫すると良いです。一般的にお魚はHDL(善玉コレステロール)が増え お肉は食べ過ぎるとLDL(悪玉コレステロール)が増えるそうです。お肉とお魚は一日交代位い、「今日の夕食のメインがお魚なら明日はお肉 」 という風に肉一辺倒にならないように、交互に食べる位いが良いのではないかと思います。 お魚に含まれるEPAは血液サラサラに効果があると言われ納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」には、血栓を溶かし 血液をサラサラにする効果があると言われています。お酢などに含まれるクエン酸なども血液の流れを良くする働きがあるそうです。献血をしても無料でコレステロール値やグリコアルブミン値(※糖尿病検査)など調べてもらえますよ。( ※植物性の油でも マーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸は色々と言われており、消費者庁では100gあたりに含まれる( トランス脂肪酸の )量を包装容器などに表示するよう定めたそうです。今のところ任意だそうですが今後は(表示の)義務化も検討されているそうです)魚や肉の他にタンパク質を多く含んでいるものに大豆があり、大豆は「畑の肉」と呼ばれるほどタンパク質が豊富で 脂質や食物繊維など様々な栄養を含んでいます。大豆を使った製品には 納豆、きな粉、豆腐、豆乳などがあります。肉も魚も体にとって大事なタンパク源ですが、どちらも一長一短があると思うので、納豆やきな粉など大豆製品をうまく取り入れると良いと思います。色々書きましたが、食べることは楽しみであり、 特に【 男性は食事をとても楽しみにしている 】人が多いです。女性は食に対しても合理性や栄養学を重視する傾向がありますが、男性にとって食事は頑張る自分へのごほうびであり、純粋に楽しみにしていることなので、作る側があまり合理性や栄養学を優先してしまうと食事の楽しみが失われ、味気ないものになってしまい 不満が出るので、そのへんを考慮した上でうまく献立を考えると良いと思います。




    • お酢レシピ お酢レシピ 毎日にお酢をプラス。 日本一お酢を売っているミツカン社員公認のお酢レシピを大公開・ 本書で使用するお酢はどこの家庭でもおなじみの 穀物酢1本のみ。ドリンク、小鉢、主食、デザートなど、今すぐ作れる100品をお教えします。
    • 野菜生活 野菜生活 野菜だけだからって、 精進料理のような物足りないものではありません! 日本中の働く女の人に、そして忙しいお母さんにぜひためしていただきたい!
    • 節電レシピ 節電レシピ 詰、瓶詰、乾物、常温保存食材 を使いこなす73レシピを一挙に紹介。「鍋でご飯を炊く方法」「室温保存できる作りおき」ほか、 すぐに役立つ知恵を満載。
    • ごぼう茶を飲むと若返る ごぼう茶を飲むと若返る 55歳の南雲医師。見た目は実年齢より20歳くらい若い。以前はメタボで今よりずいぶん老けていた南雲医師が10年前から実践し、 20歳若返った奇跡の若返り術を初公開。シンプルに、おいしく、内側から美しくなる方法がわかる
    • ごぼう茶若返りダイエット ごぼう茶若返りダイエット められたパワーを最大限活用して、 健康的に痩せて若返るメソッドを科学的に解説する。 テレビで話題になりはじめた「ごぼう茶」の作り方や 効能を提唱者の南雲先生が完全紹介。
    • 便秘が即治る療法 便秘が即治る療法 便秘に悩むすべての人に送る、便秘解消の完全保存版ムック、ここに登場。ぜひお試しください。
    • 子供の便秘 子供の便秘 こどもの便秘タイプ診断や、 お母さんの「こどもの便秘」に対する悩みのQ&A、便秘解消マッサージ・エクササイズ・食事など内容盛りだくさん。
    • 高血糖を下げるコツ 高血糖を下げるコツ 自分に合ったレシピでおいしく高血糖対策、食事の知恵とコツで血糖値を下げる。
    • マクロビオティックのスープ マクロビオティックのスープ 忙しい日も、調子が悪い日も、 野菜たっぷりのスープがあれば、 心もからだもあたたまる、満足なごはんに。