おにぎりアレンジレシピ

>手作りおにぎりの注意点※>>

お弁当や子供の遠足、おやつ代わりなど、 なにかと手作りのおにぎりを食べることの多い日本人ですが、 手作りのおにぎりって実はとても菌が繁殖しやすく、食中毒になりやすいんです。

コンビニで売っているおにぎりの消費期限は、大体24時間ですよね?
なので、家庭で握ったおにぎりも大体それくらいもつのでは?と勘違いする方もいると思いますが、 コンビニのおにぎりは 保存が効くよう、温度管理や添加物など、 菌が繁殖しないよう 徹底されているので、コンビニのおにぎりであたる方は 少ないと思います。 ところが、手作りしたおにぎりが、時間が経って菌が繁殖し、 それを食べて食中毒(下痢、嘔吐、腹痛など)になったことのある人は大勢います。

おにぎりの集団食中毒なんて、決してめずらしいことではなく、
テレビや新聞のニュースでも、よく報道されています。
そして、そのおにぎりの大半が「当日の朝」に炊いたご飯で作られたものです。


おにぎりの保存時間は、季節や気温によっても変わってきますし、 極力菌が繁殖しないように作ったかどうかも重要ですし、 中の具材や、塩分、酢等の濃度によっても、多少の違いが出ます。 なので、おにぎりを作ってから何時間以内なら大丈夫か、というのは、 いちがいに「●時間」とは言えないですが、 私は大体4時間くらいだと思います。 (夏場や作り方、保存方法によっては、これよりもっと早く食べきった方がいいこともあると思います)


私の体験ですが、10月の半ば頃、朝炊いたご飯で鮭フレークと梅干のおにぎりを握り、 それをバックに入れて持って行ったところ、昼食べたおにぎりは大丈夫でしたが、 残ったおにぎりを夕方食べようとしたら、糸をひいていたことがあります。 素手では握ってないですし、衛星管理は徹底したつもりですので、 やはり10月とはいえ、1日バックの中に入れて、外で持ち歩き、 朝から夕方は、時間が経ちすぎていたと思います。


食事代が浮くからと、よくおにぎりやお弁当を持って出かける我が家ですが、 やはり夏場など、外でお金を出して食べた方が安全なことが多いですので、 手作りのおにぎりやお弁当を外出時に持って行く際には、 食中毒などおこさないよう、十分気をつけること、 夏場や長時間バックの中に入れておくような時は、出来るだけ早く食べきることなど、 しっかりと注意をし、子供さんや家族に持たせる時も、 お昼に余ったおにぎりやお弁当は食べないでね、と、 食中毒の危険性について、きちんと説明してあげることが大事です。

























おにぎりの話>>

おにぎりにといえば「お米=ご飯」ですが、ご飯は日本人の食にはかかせない、大事なエネルギー源として、 大昔から現在に到るまで、日本人の食と健康を支え続けてきました。近年、パンや麺類の量が増え、 日本人は昔ほどご飯を食べなくなった、と言われていますが、私達日本人の祖先が長い間、ご飯を食べ続けてきた歴史があり、 日本人の主食には、やはり一番ご飯が適している、合っているのだそうです。

私は朝ごはんに納豆、野菜のお味噌汁、それに卵などを食べるので、やはり納豆に合うのはご飯ですし、 たまご焼きや、半熟のゆで卵、卵かけご飯など、卵に合うのもやはりご飯なので、毎朝、炊きたてのご飯を食べるのが、朝の楽しみでもあります。

よくご飯とパンの違いであげられるのは、パンにはバターやマーガリン、塩、砂糖などが生地に入っていますが、 ご飯には何も入っていないので、とてもヘルシーです。 しかもご飯は様々な栄養素を含んでいます。そして、ご飯はいがいと腹もちが良いいので、ご飯をしっかり食べると、結構満足感があると思います。

私は外出中で、食事時でもないのに「お腹減ったなぁ」という時は、よくコンビニのおにぎりを買うのですが、 「3時のおやつ」と言いますが、私はお腹が減ったら、とりあえずでも、出来るだけちゃんとしたものを食べて食欲を満たしたい、 という思いがあるので、 おやつ類を食べたりせず、おにぎりを買って食べています。 私が特に好きなおにぎりは、実はお赤飯のおにぎりで、次が定番のツナマヨ、たまにむしょーに食べたくなるのが、 梅干のおにぎり。 ちなみに日本ではコンビニでおにぎりって定番ですが、 外国ではおにぎりをあまり食べないorまったく食べない国がほとんどだそうです。 (韓国などは韓国風のおにぎりが売ってるそうですが)お寿司や焼き鳥などは世界でもかなり浸透していますが、 やっぱりおにぎりって、日本人独特の食の好みや文化みたいなものもあるんでしょうね。

 














夕飯のおかず