固い物が噛みにくい時のやわらかい、食べやすい食事



















  • 1
  • 2



固い物が噛みにくい時はちょっとした工夫で乗り切る>>

歯が悪い時など、固い物が食べにくい時ってありますよね。そんな時は工夫と柔軟な考え方が大事です。
例えばカレーやシチューなら、野菜はトロトロでやわらかくても、お肉の塊が固いからダメだ、ではなく、肉なしのカレーやシチューにするか、ひき肉を使って鶏団子のようにするなどの工夫が大事だと思うのです。例えばやきとりならレバーやつくねなどは食べやすいですよね。チャーハンやチキンライスに入れる具材も、お肉じゃなくハムやベーコンを使ったり、野菜はできるだけ細かく刻むことでずいぶんと食べやすくなると思います。
又、固い物が食べにくく、食欲もない時は、野菜などを多く食べるのは難しいので、食べやすい果物や、野菜ジュースなどもお勧めです。
若い時は歯が悪いなど固い物が食べれない時、やわらかい食事をする事は一時的だと思いますが、歳をとれば誰でも固い物が食べにくくなったり、嚥下障害など飲み込みにくくなったりするもので、長期戦になると、あまり「こうあらねば」と力んでやると、作る方、出す方も疲れてしまい、長続きしないので、柔軟に、工夫する、時には手抜きをすることも長続きするコツです。















夕飯のおかず