そもそも日本の夕飯は大変すぎる

そもそも日本の夕飯は大変すぎる

海外に滞在した経験がある方や、海外の事情に詳しい方はご存知だと思いますが、フランスやイギリスなどのヨーロッパの国々やアメリカなどは、日本ほど料理に時間と手間をかけません。

世界の中でも これほど料理に手間と時間をかけ、品数を多く出すのは、日本、韓国、中国などアジアの一部の国だけです。

    5/14日のpickup献立

  • お肉がメインのしょうが焼き献立

    お肉がメインの短時間で作れる生姜焼き献立

    しょうが焼き里芋とこんにゃくの煮物

    忙しい時や時間のない時に簡単、短時間で作れるお肉のおかずといえば、しょうが焼き。キャベツやトマト、茹でたブロッコリーなどを添えるだけで、見た目も良く、栄養のバランスもちゃんととれて便利です。生姜焼きにスライスした玉ねぎを加えると、玉ねぎの甘さも加わって、野菜もとれてボリュームもアップし、お肉との相性も抜群です。しょうが焼きには甘系の煮物が合うかなぁ、と思いますが、時間がない時は、お味噌汁だけでも良いと思いますよ。甘みのあるかぼちゃのお味噌汁やさつまいものお味噌汁なども生姜焼きに合いますよ。

  • 野菜炒めの定番&時短献立

    野菜とお豆腐で栄養たっぷり献立

    野菜炒め揚げだし豆腐大学芋

    野菜炒めは、節約レシピでもあり、スピードレシピでもありますが、肉も野菜もバランスよく、たっぷり食べれるので、夕食に登場する機会も多いと思います。野菜の組み合わせはあまり難しく考えずに、冷蔵庫に残ったものをうまく使うと良いと思います。炒め物は味付けが難しい、味付けがイマイチ美味しくない、という方は、市販の野菜炒めのタレ(塩だれなど)を使うのも良いと思います。塩・コショーだけで野菜炒めを味付けると、やや物足りない味になるのでオイスターソースなどもトロミとコクが簡単に出て便利ですよ。野菜炒めには甘系のおかずが欲しいところなので、油で揚げる分、調理時間が短い大学芋と、その油でついでにささっと作れる揚げだし豆腐の組み合わせ。

  • チャプチェとしめ鯖なますの時短献立

    チャプチェとしめ鯖なますの時短献立 チャプチェしめ鯖(しめさば)とます和え

    チャプチェって何?という方もいるかもですが、チャプチェは韓国料理で、茹でてもどした春雨とお肉、野菜を、ゴマ油で炒めて、豆板醤(トウバンジャン)やコチュジャンなどを入れて、ピリ辛、甘辛に味付けした料理です。日本では、春雨はサラダなどによく使いますが、炒め物に使うのも、とても美味しいのでお勧めです。春雨を下茹でする手間と時間がかかるくらいで、普通の野菜炒めを作るのにかかる手間と時間と、それほどかわらないと思います。春雨といえば鍋や中華スープのイメージですが、意外なほど炒め物にも良く合います。しめ鯖は、市販の味付きのしめ鯖を食べやすく切って、大根と人参のなますに混ぜるだけです。大根と人参で野菜もしっかり取れ、しめさばとの相性も抜群です。

  • いかがメインのイカと里芋の煮物献立

    イカのおかず献立

    イカと里芋の煮物めかぶの酢の物赤パプリカのカッテージチーズ詰め

    たまには食べたいイカの煮物。ねっとりした里芋とイカの組み合わせがよく合う定番の煮物です。里芋は皮をむいたりアクを抜くのが面倒なので、冷凍の里芋を使うと手間いらずでお勧めです。冷凍里芋は中までしっかり火を通すと、ねっとりとした粘りのあるやわらかい食感になり、冷凍でも美味しく頂けますよ。めかぶの酢の物は、生めかぶを買って作ると、沢山作れるし美味しいですが、生のめかぶは日持ちしないので、家族が少ないなど、少量でいい場合は、市販の味付きめかぶをそのまま小鉢に移して出してもいいと思います。味付きもずくもお皿に出せば良いだけなので、簡単、時短でお勧めです。赤パプリカのカッテージチーズ詰めは、見た目も華やかなんでお酒のおつまみ、ワインのおつまみやパーティにも良いですよ。

  • お肉のおかずがメインの鶏もも照り焼き献立

    お肉がメインの献立

    鶏もも肉の照り焼きブロッコリーとゆで卵のマヨ焼き里芋の味噌汁

    お肉がメインの献立。甘辛いたれが白いご飯に合う鶏もも肉の照り焼き。照り焼きは簡単に作れますが、中まで味がしみこむまでに結構時間がかかるので、早めに作ってお肉の中の方まで、よく味を滲みこませた方が美味しいです。ブロッコリーのマヨネーズ焼きは、茹でてお皿に並べて塩・コショーふってマヨネーズを絞って焼くだけなので、簡単に短時間に作れます。注意点としては、長々焼くとブロッコリーがパサパサになってしまうので、短時間でこんがりと焼き色を付けて食べるのがお勧めです。里芋のお味噌汁は、里芋をあまり厚く切ってしまうと、やわからくなるのに時間がかかってしまうのであまり厚く切らずに、適度に薄めに切ると良いです。夏の暑い時期なら、鶏もも肉の照り焼きと枝豆とかでも良いと思います。

  • 親子丼の時短献立

    短時間・簡単に作れる時短献立

    親子丼ほうれん草のお浸しエノキのお味噌汁

    時間がない時に手早く作れる丼ものといえば親子丼。最初から作ってもわけないですが、あらかじめ肉を煮て、煮汁も作っておき、冷蔵庫にでも入れておけば、もっと短い時間で作ることが出来ます。親子丼のたれ(汁)は、鶏からもいいおだしが出ますが、かつおぶしでおだしを取ると、味も上品でまろやかになり、さらに美味しくいただけます。エノキのお味噌汁も、野菜と違って火通りが早いので、野菜のお味噌汁より断然早く作れます。エノキのお味噌汁にワカメを入れても合いますよ。

  • トマトと卵の炒め物の時短献立

    チャチャッと手早く作れる時短献立

    トマト,ツナ,卵炒め魚河岸揚げのあんかけ枝豆

    魚河岸揚げは、スーパーの豆腐とか厚揚げが売ってるコーナーに置いてある、きつね色をした、まん丸い形の、白身魚のすりみとお豆腐で作られた、ふわふわしたやつです。お豆腐や厚揚げと違って、美味しく味付けされてるので子供なんかは好きかも。そのまま食べるのも夕食っぽくないので、あんかけにして見た目も味もゴージャスにして食べると家族の反応も良いと思います。枝豆は、冷凍の味付きを戻しても、手間なしで簡単です。冷凍枝豆は季節を問わず、塩加減も絶妙なので、もう一品欲しい時にも冷凍庫にストックしておくと便利ですよ。

  • 茄子のゴマ油炒めの時短献立

    ご飯にも良く合う、茄子の時短献立

    茄子のゴマ油炒めジャーマンポテトだし巻き玉子

    茄子のごま油炒めは、切った茄子をごま油で炒めて、からし醤油に付けて食べるだけの、簡単料理です。茄子と油と相性が良いので、油で揚げたり炒めたりする料理が進めです。ダイエット中の方や胃腸が弱っていて胃に優しい、消化の良いおかずが食べたい方は、茄子を皮付きのまま丸ごとグリルで焼いた焼き茄子も、うまみがじゅわーっとしてお勧めです。だし巻き玉子は、アツアツの焼きたてが美味しいので、時間があるにしろ、ないにしろ、食べる直前に焼いた方が美味しいです。子供の頃は卵焼きはお弁当などでしょっちゅう食べると思いますが、大人になると卵焼きってあまり食べなくなるので、案外だし巻き卵を出されると嬉しい方も多いと思います。甘い卵焼きは、甘系のおかずが欲しい時、もう一品欲しい時にもさっと作れて便利ですよ。ジャーマンポテトは、あらかじめ、じゃがいもを電子レンジで中まで火を通しておくことで、短い時間で調理出来ます。

  • 海老がメインの海老マヨサラダ献立

    海老がメインの野菜たっぷり献立

    海老,ブロッコリー,ゆで卵のマヨサラダさつま揚げとひじきの煮物温奴

    海老チリや海老フライも美味しいですが、たまには海老のマヨネーズサラダもお勧めです。スーパーなどで、ボイルしたサラダ用の海老が売ってたりしますが、普通の海老を使うと、殻を取ったり背わたを取ったり、結構面倒なんで 忙しい時や時間のない時は、ボイル済みの海老を使っても便利です。甘系のおかずが欲しいところなので、さつま揚げも入ってボリュームもたっぷりなひじきの煮物と温かい恩奴を組み合わせてみました。お豆腐は素材の味が勝負なので、1パック30円位いで安い豆腐も売ってますが、私は少し値段が高くても冷奴や湯豆腐などに使うお豆腐は、自分が本当に美味しいを思えるお豆腐を買うようにしています。

  • グラタンの献立

    月に1度はグラタン食べたい。寒い時期にお勧め献立

    海老グラタントマトとレタスのサラダ

    子供に人気の夕食メニューといえばグラタン。月に1度は献立のメニューに上がるほど定番の夕食のおかずです。グラタンはやわらかいので、子供だけでなく、お年寄りにも人気のメニューです。グラタンといえば、海老グラタンを思い浮かべる方が多いですが、値段の高い海老のかわりに、ゆで卵、ほうれん草、キノコ類なんかも合うので、節約したい場合など、家にある食材をうまく取り入れると良いと思います。グラタンはどうしても野菜が不足するので、トマトやレタスなどのサラダを添えて。グラタンはやわらかく消化も良いので食欲がない、胃腸の調子が悪い方にもお勧めのおかずです。

夕飯のおかず