夕飯のお刺身の選び方

夕飯のお刺身選び方

まぐろ、カツオなどのお刺身は、当たり外れが結構あります。まぐろは値段の高いものは大体美味しいですが、お手頃価格で売っている冷凍・柵のまぐろは、よく見て選んで買わないと「全然おいしくない」という悲しい思いをするので、美味しいお刺身の選び方を是非知ってください。

これはどのお魚にもいえることですが、背身より腹身の方が脂がのっていてやわらく美味です。お刺身は大体、値段の横に「腹身」「背」と書いてあるものが多いですが、書いてない場合は形を見ます。

背の部分の方が厚み ボリュームがあり、腹の方が身が薄いんですね。なので、同じ値段で売ってる場合 背の方が量が多いのでお得感があります。

マグロのサクのお刺身を買う時は、筋の入り方で、良い(美味しい)部分かどうかが解ります。筋が薄く 平行に均一に入っているものは良品で、逆に筋がはっきり見える位いに太かったり、筋の入り方が切り株のように円を描いているものはイマイチです。

カツオのお刺身の場合は、腹か背か、という点もポイントですが、脂ののった生のカツオは 皮をひいた部分の色が 脂がのっているために白っぽい色をしているので、脂がのっているか否かは簡単に見分けることができます。(かつおのたたきの場合は表面を焼いてるので解りませんが)

比較的ハズレが少なく、品質が安定しているのは、鯛やかんぱち、ブリ、サーモンなどです。

ブリは出世魚で大きさで名前が変わり 小さいものはイナダ、次にハマチ、大きいものをブリと呼びます。ブリのお刺身も 大抵養殖で、品質にそれほど差がなく、マグロのように筋もないので 筋が気になる方でも食べやすいです。

かんぱちはブリと似ていますが別の魚で、ブリほど脂っこくなく、かといって適度に脂ものっていて弾力があり美味しいです。

身に透明感があり 血合いの色が鮮やかなものが新鮮で良質です。値段はやや高いですが、近年では養殖も増え、昔に比べると安くなってきているそうです。良質なかんぱちは本当に美味しいです。

お勧め☆youtube人気レシピ

夕飯のおかず