前日の夜にある程度まで作っておくとラクです

夕飯作り置きのすすめ

共働きの夫婦が増え、忙しくて料理を作る時間がない、という方が増えていて ここ数年「作り置き」する方が増えているそうです。

ネットで「作り置き」で検索すると色々なサイトがレシピなど掲載していますが、私の言う作り置きは、次の日の夕飯に食べるおかずを前日の夜に作っておく(又は野菜を切っておくなど やれることはやっておく)という意味で、2日も3日も冷蔵庫に保存するとか、冷凍保存するとかは、私は考えたことはありません。(でもそれで美味しく食べられるなら凄くラクですよね)

私の場合は 煮物などは前日の夜に作り 冷まして冷蔵庫に入れ 次の日の夕飯に温めて食べることが多いです。

それには理由が2つあり 1つ目の理由は 朝、日中は忙しく、煮物など手間と時間のかかる料理が丁寧に作れないこと。急いであわてて作ると 味見などもしている暇がなく、丁寧に作りこむことができないので 納得いく味、仕上がりにならないことがある。

2つ目の理由は かぼちゃの煮物や肉じゃが、里芋の煮物などは、芋の中までしっかり味が滲みた方が美味しいので、ある程度時間がたった方が 中まで味が滲み 美味しい、という理由からです。

お肉の唐揚げや照り焼きなどもそうですが、肉も中までしっかり味が滲みていた方が美味しいですよね。

私は食あたりとかを気にする方なので、昔は朝早く起きて作ることが多かったですが、ここ2年位い本当に忙しく、かといって夕飯のおかずの手を抜きたくもない、朝早く起きて作るのも結構しんどい、ので「もう思い切って夜丁寧に作って冷蔵庫に入れておこう」と思い、それ以降は、煮物を筆頭に酢の物の三杯酢のたれ、炒め物のタレ、野菜のカットなど、とにかくやれるところまで 前日の夜にやってしまいます。

煮物に関しては完成まで作りますが、茶碗蒸し、親子丼などは汁だけ作っておく、シチューやカレーは野菜を炒める所までやっておく、きんぴら牛蒡は野菜を切って洗う所までやっておくなど、あえて途中までしかやらないものも結構あります。

料理によって 完成させた方がいいのか、途中の工程でやめておいた方が良いのかはケースbyケースで決めています。

夕飯のおかずを作り置きするメリットは多々ありますが、気をつけなければいけないのは、やはり「腐らせないこと」。この1点につきます。

日本は湿度が高く 気温の高い国でもあるので、夏など冷蔵庫にしまわずに置いておけばどんどん腐ってきます。

なので とにかく作ったらすぐに冷やして冷蔵庫に入れることです。

冬は早く冷めますが、夏など気温の高い時期は冷めにくいので フライパンなどに水を張り、その中に 鍋、又は深めの容器に入れた煮物などを入れて 水に浸して冷まします。水を何度か入れ替えるとさらに早く冷めます。この方法なら夏場でも急速に20分位いで冷ますことができます。冷めたら即ラップをして冷蔵庫で冷やします。

1つ注意することは、中に水が入らないようにする事 (入らない程度の高さまで水を入れること)です。

    7/28日のpickup献立

  • ちらし寿司献立

    月に1度は食べたい、ちらし寿司献立

    簡単ちらし寿司あさりのお味噌汁

    子供から大人までみんな大好きなちらし寿司と、深い味わいのあさりの味噌汁こ献立メニュー。ちらし寿司はあまり頻繁作るご家庭は少ないと思いますが、たまに夕飯に出るとみんな喜びますよ。ちらし寿司って、手間がかかるイメージがあると思いますが、大事なポイントは、混ぜる具材をきちんと下煮して、味をしっかり付けてから、寿司飯と混ぜることぐらいで、あとは寿司飯と混ぜ合わせて、錦糸卵、刻み海苔をかけるくらいなので、ちらし寿司をふだんから作る、又はちらし寿司を作り慣れた方には、夕食にちらし寿司を作るのは、それほど大変じゃないと思います。作りなれてない方や、味付けに自信がない方は、市販のご飯と混ぜるだけのやつを買って作ってもいいし、「すしのこ」を使っても、美味しい寿司飯が簡単に作れます。あさりのお味噌汁は、砂抜き済みのものを買うか、事前に塩水に漬けておいたものをパッと使えば早いと思います。緑が足らないので、コレにお浸しなんかを添えてもいいかも。

  • 夏にお勧め焼肉献立

    夏にお勧め切って焼くだけ献立

    今日は焼肉

    夏の暑い時期にお勧めな、調理時間の短い時短献立メニューです。夏の暑い時期はとにかく台所に立ちたくないものです。暑くて料理がしたくない、忙しくて夕食を作っている時間がない、でも栄養はしっかりとりたい、そんな時にお勧めなのが焼肉です。野菜を食べやすく切って焼肉プレートで焼くだけ。ちなみに焼肉にお勧めな野菜は、エリンギ、ナス、かぼちゃなどです。あ~家に帰って夕飯を作っている時間がない~という時は、とりあえず焼肉にしてしまえば良いと思います。焼肉のたれは市販のものを冷蔵庫にストックしておくと便利です。

  • ドリア献立、その他定番献立

    寒い時期に特に美味しい・ドリアの献立

    ドリアブロッコリー,ゆで卵トマトの盛り合わせ

    グラタンやドリアは、お皿ごと加熱するので、アツアツで冷めにくく、寒い冬の時期など、特に家族に喜ばれると思います。グラタンも人気ですが、ケチャップライスにホワイトソース、とろーりチーズのドリアもまた、子供からお年寄りまで人気があります。私は個人的に、グラタンよりドリアの方が好きだったりしますが、ケチャップ風味のご飯とホワイトソース、チーズの組み合わせって、本当に、誰が考えたの?っていうくらい、美味ですよね。胃腸の調子が悪い方、食欲が無い方にもドリアは食べやすいのでお勧めです。ドリアやグラタンには定番ですが、やはりシンプルなサラダが合いますよ。

  • 秋にお勧めなサンマの塩焼き献立

    秋にお勧めな焼き魚の献立

    さんまの塩焼き肉じゃがきのこの炊き込みご飯

    秋といえば秋刀魚。旬の秋刀魚は脂がのってて美味しいですよね。秋の味覚である秋刀魚に、秋のイメージが強いキノコの炊き込みご飯で、秋らしい献立を演出してみては。ちなみに我が家では、焼き魚(塩焼き)と肉じゃが、煮物の組み合わせはよくやります。忙しくて肉じゃがなんて作っている時間がない、という方は、前日の夜に肉じゃがを作ってしまう、という手もあります。私は煮物系は手間がかかるし、味も中までしっかり滲みてるのが好きなので、前日の夜に作ってすぐに冷やし、冷蔵庫に入れて次の日の夕飯に出すこともよくあります。昼間パートなど働いている方は、肉じゃがや煮物はやってる時間はないかな、と思うし、急いで作っても味をしみこませる時間がないですよね。

  • 魚介のおかずがメインのイカの網焼き献立

    イカがメインの献立

    いかの網焼きトマトシチューかぼちゃとチーズのマヨサラダ

    ただ焼いただけのイカを、おろし生姜とお醤油につけて食べるだけですが簡単、時短ですぐに作れて美味しいですよ。イカだけだと野菜が足りないので、野菜たっぷりのトマトシチューと、かぼちゃとさつま芋でほんのり甘く、チーズとナッツが香ばしいマヨサラダも添えてみました。マヨネーズサラダは、早めに作って、冷蔵庫で1時間くらい冷やして、デザート感覚で食べると、より美味しいかな、と思います。トマトシチューは、人参などの野菜を薄く切った方が、やわらかくなるのも早いし、食べやすく、美味しいです。夕食のおかずというとシチューは定番ですが、シチューばかりでも飽きるので、たまにはトマト缶を入れたトマトシチューにすると目先も変わって献立に変化が出て良いと思います。

  • グラタンの献立

    月に1度はグラタン食べたい。寒い時期にお勧め献立

    海老グラタントマトとレタスのサラダ

    子供に人気の夕食メニューといえばグラタン。月に1度は献立のメニューに上がるほど定番の夕食のおかずです。グラタンはやわらかいので、子供だけでなく、お年寄りにも人気のメニューです。グラタンといえば、海老グラタンを思い浮かべる方が多いですが、値段の高い海老のかわりに、ゆで卵、ほうれん草、キノコ類なんかも合うので、節約したい場合など、家にある食材をうまく取り入れると良いと思います。グラタンはどうしても野菜が不足するので、トマトやレタスなどのサラダを添えて。グラタンはやわらかく消化も良いので食欲がない、胃腸の調子が悪い方にもお勧めのおかずです。

  • 厚揚げと豚肉の炒め物の時短献立

    厚揚げと豚肉の炒め物の時短献立

    厚揚げとニンニクの芽と豚肉の炒め物大根とカニカマのマヨネーズサラダ

    厚揚げとお肉が入ったボリュームたっぷりの炒め物と、大根たっぷりのサラダ。手早く作れて、食費も安い節約レシピメニューです。厚揚げの炒め物は、ご飯がすすむ がっつり食べれるおかずです。大根とカニカマのサラダは、大根をたっぷり美味しく消費でき、大根の大量に消費したい時にもお勧めのレシピです。

  • 忙しい時の豚ニラ玉の時短献立

    忙しい時の時短献立

    豚ニラ玉もずくトマト冷奴

    仕事などで料理をする時間のない時、料理に手間ひまかけてられない時にお勧めな献立。豚ニラ玉は豚肉とニラと卵をさっと炒めただけなので 短時間でパパッと作れますし、もずくトマトも、市販の味付きもずくに切ったトマトを和えてお皿に入れるだけで完成です。スーパーの味つきもずくや味付めかぶは 昼間パートに行っている忙しい主婦の方など もう1品欲しい時にさっと使えて便利ですよ。美味しいだけじゃなく海草類なので栄養も豊富です。 もう1品欲しいところなので、冷奴を足してみました。写真はみょうがや大葉など薬味たっぷりですが、最近のお豆腐は味が良いので、おろし生姜とかつお節だけでも充分美味しいですよね。

  • 野菜炒めの定番&時短献立

    野菜とお豆腐で栄養たっぷり献立

    野菜炒め揚げだし豆腐大学芋

    野菜炒めは、節約レシピでもあり、スピードレシピでもありますが、肉も野菜もバランスよく、たっぷり食べれるので、夕食に登場する機会も多いと思います。野菜の組み合わせはあまり難しく考えずに、冷蔵庫に残ったものをうまく使うと良いと思います。炒め物は味付けが難しい、味付けがイマイチ美味しくない、という方は、市販の野菜炒めのタレ(塩だれなど)を使うのも良いと思います。塩・コショーだけで野菜炒めを味付けると、やや物足りない味になるのでオイスターソースなどもトロミとコクが簡単に出て便利ですよ。野菜炒めには甘系のおかずが欲しいところなので、油で揚げる分、調理時間が短い大学芋と、その油でついでにささっと作れる揚げだし豆腐の組み合わせ。

  • 鉄火丼の時短献立

    鉄火丼の時短献立

    鉄火丼(マグロの漬け丼)なめことオクラと豆腐の味噌汁

    マグロのお刺身をタレにつけて寿司飯の上にのせれば完成。当たりはずれのあるマグロのお刺身ですが、味がイマイチなお刺身も、タレに漬けてしまうと、結構味がごまかせ、その点もいいです。すし飯を自分で美味しく作る自信のない方は、市販のすしのこをご飯に混ぜて作れば、絶対味付けに失敗せずに、簡単においしい寿司飯を作ることができます。定番の鉄火丼も美味しいですが、甘辛いタレにまぐろを漬けたマグロのユッケ丼も目先が変わってお勧めですよ。まぐろの漬け丼だけでは、野菜が足りませんので、野菜たっぷりで温かいお味噌汁などを添えてみては。鉄火丼とあさりのお味噌汁も見た目ゴージャスで合いますよ。

夕飯のおかず