ブロッコリーの
マヨネーズ焼き
ブロッコリーのマヨネーズ焼き

ブロッコリー

ゆで卵(柔らかめ)

マヨネーズ


・塩・コショー....適量

  • ブロッコリーは小房に分け 塩ひとつまみを加えた熱湯で固めに茹でて ザルに上げる

  • ゆで卵は やわらかめに茹で くし形に切る

  • 耐熱皿に ブロッコリー ゆで卵を色よく並べ 塩・コショーをふる

  • 上にマヨネーズを格子状に絞る

  • 食べる直前にトースターでこんがり焼いて出来上がり


  • お好みでウインナー・ツナなどをはさんでも美味しいです

  • ブロッコリーの代わりにカリフラワーを使っても美味しいですよ
    カリフラワーのマヨネーズ焼き

ブロッコリーの見分け方

緑色が濃いもの、つぼみが小さいもの、茎が太く 芯の切り口がみずみずしいものが良いです。 ブロッコリーは国産と外国産の、どちらもよく見かけますが、個人的には国産が美味しいと思います。

ブロッコリーの保存方法

冷蔵庫で保存します。ブロッコリーは痛みやすいので、 なるべく新鮮なうちに 早く食べるのがいいです。



夕飯献立,夕食献立TP > たまご,野菜の献立 >
サラダも良いけどたまには焼いて香ばしく♪ブロッコリーのマヨネーズ焼き

★関連メニュー
カリフラワーのマヨネーズ焼き/
しめじとブロッコリーのシチュー/
鮭のマヨネーズ焼き/
鮭のネギ味噌マヨネーズホイル焼き・他
★その他の卵・野菜のおかずレシピ(ランダム)
茄子(ナス)焼き /
ニラ玉のあんかけ /
ほうれん草のココット /
アスパラ,人参のベーコン巻き /
エリンギの天ぷら ・他

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・身なりの話

ウチの母親は身なりに無頓着だ。私が物心ついた頃、幼い頃からそうだったから、もう筋金入りとしか言いようがない。昔の写真を見せてもらっても、髪を伸ばしたことがないのかいつもショートカット。へんなメガネをかけている。洋服も結婚前の女のくせにへんなノリダーみたいなパンタロンをはいて、腰に手をあてて写真に写ってポーズをきめている。はっきり言って女らしさのかけらもない。あれは忘れもしない、私が小学生低学年位いの子供の頃、母親と一緒に近くのスーパーに買い物に言った。母親が大根を手に取ったその瞬間、私は思いっきり下から見てしまった。ノースリーブを着た母のわきに思いっきり腋毛がボーボーに生えていたのを!! 季節が夏だったからノースリーブ、タンクトップ1枚だったのだろうが、それにしても普通家の中じゃあるまいし、他の買い物客も沢山いるし、何なら近所の知り合いの奥さん連中にも合いそうなもんなのに、そんなにわき毛をボーボーにおもいっきり生やしたまま、堂々とノースリーブのタンクトップ1枚で買い物に行かれる母の肝っ玉の強さに子供心に衝撃を受けた。私は今でも忘れられない。真っ白な大根を手に取った母の真っ黒でボーボーで勢いよく生えた7cm位い伸びた腋毛達を。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識