カジキのムニエル
かじきまぐろのムニエル

かじき (めかじき)(切り身)

小麦粉

レモン

サラダ油

白ワイン(又は酒)


A<下味>

・塩・コショー又はクレイジーソルト等


バター

醤油......適量

  • かじきの両面にAで下味を付け 冷蔵庫で10分位いおき 小麦粉を全体にまぶす

  • フライパンにサラダ油を熱し @の両面を焼く

  • 両面が焼けたら 一旦お皿に取り キッチンペーパーでフライパンの余分な油を拭き取る

  • かじきを戻し 白ワイン(又は酒)をふり アルコールが飛んだら

  • バターを加え ・醤油を回しかけて絡め お皿に盛り くし形に切ったレモンを添える

かじきは「かじきまぐろ」とも呼ばれますが、 マグロはサバ科に属し、カジキはマカジキ科とメカジキ科に属すので、 マグロとは別の種類のお魚ですが、 肉質や食感などが まぐろとよく似ているため、そのような俗称がついたのだそうです。 骨がないので お子さんやお年寄りにも食べやすいです。ムニエルや照り焼きなどの他、から揚げも合います。



夕食のおかずTP> 焼き魚,塩焼きなどお魚の献立 >
かじきまぐろのシンプルソテー(ムニエル)。小麦粉をまぶして焼くから身もパサつきにくです★かじきまぐろのムニエル

★関連メニュー
かじきまぐろの和風ソテー/
カジキの鍋照り焼きこってりステーキ風 /
カジキまぐろの鍋照り焼き /
かじきまぐろの唐揚げ ・他
★その他の焼き魚のおかずレシピ(ランダム)
子持ちししゃも /
生鮭ときのこのホイル蒸し /
まぐろとアボガドのわさび醤油(和え) /
まぐろのカマの塩焼き・他

〜最近のつぶやき〜・
今年も早いもので、もうクリスマス、お正月がの準備をする時期が近づいてきました。我が家はクリスマスケーキはここ10年位い買ったことはなく、スポンジケーキと苺と生クリームを買って、家でホールケーキ3つ位い作って、クリスマスとクリスマスイブの2日間にかけて食べるのが定番になっています。煮物とかおかずとかって、それほど細かいレシピを気にしなくてもそれなりに美味しく作れると思いますが、ケーキだけは レシピ通りちゃんと作らないと ふわふわのスポンジが出来ないんですよね。私もネットで色々なスポンジケーキの作り方、レシピを参考にさせていただきましたが「これはうまく出来た♪」というレシピに出会うまでは 何回か失敗もしましたが その分うまく作れた時は嬉しかったです♪

すみれのつぶやき・・・隣のうちから丸見え?の話

私の部屋の窓にはすだれがかかっているのだが、それは日差しをさえぎる為だけではなく、お向かいの隣の家から部屋の中が見えないようにと、夏じゃなくてもずっとかけっぱなしにしている。すだれは昼間は外から見えないが、夜になって外が暗くなり、部屋の電気をつけたりすると、結構部屋の中がよく見えてしまう。なので暗くなってきたら厚手のカーテンをしめるようにしているのだが、何か考え事をしていたり、他の作業に夢中になっていると、カーテンを閉めるのをすっかり忘れてしまい、へんなかっこうでだらしなく部屋でくつろいでいたりするので、ハッと気づいてカーテンを閉めるのだが、「向かいの家から見られてなかったかな?」と内心ドキっとする。私は家の中で出来れば裸族で過ごしたい位い、きっちり服を着込みのが嫌いで、上Tシャツで下パンツだけ、とか、かなりへんな格好で部屋にいることが多い。夏場は部屋を裸でうろついてることも結構あるので、夜のカーテンの閉め忘れには気を付けなければ!

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識