人参とゴボウとちくわの
ごまマヨサラダ
人参とゴボウとちくわの胡麻マヨネーズサラダ

にんじん

ゴボウ

ちくわ


A<ごまマヨだれ>

・マヨネーズ........適量

・めんつゆ...........

・白すりごま.........

・酢・塩・砂糖を溶いたもの...適量


酢(ゴボウ茹でる用)......少々

  • 人参は皮をむき 千切りにして耐熱皿に入れ ラップをし
    レンジでチンしてやわらかくし 冷ましておく

  • ゴボウは皮をそぎ、千切りにして たっぷりの水にさらし
    鍋に湯を沸かし 沸騰したら酢を垂らして茹で、茹で上がったらザルに上げ あら熱をとる

  • 白ゴマをすり鉢ですり、マヨネーズ、めんつゆ、酢、塩、砂糖を混ぜて溶いたものを
    加えて混ぜ、ゴママヨのたれを作る

  • ちくわは薄めの輪切りする

  • ボールに@の人参、Aの牛蒡、ちくわを入れ、Bのごまマヨのたれを入れて混ぜ
    お皿に盛る

  • ポイントはゴママヨのたれなのですが、ゴマは出来れば作る時にすり鉢ですった方が
    ゴマが香ばしくて美味しいと思います。(市販のすりゴマを使うより )
    ゴマも多めが美味しいですよ。
    ゴママヨだれの調合も、味を見ながらお好みの味加減で美味しく作ってください(笑)

ごぼうの見分け方

ごぼうは太すぎるものは、中にスが入っていることがあるので、 あまり太すぎないものを選ぶと良いです。 手でさわってみて、適度な固さがあるものが良く、 軽く折り曲げた時に、ぐにゃっと曲がるのは 日が経っています。 (新鮮なごぼうは、曲げたらポキッと折れてしまうと思います)

ごぼうの保存方法

ごぼうは泥を綺麗に洗ってあるものより、泥付きの方が日持ちします。 ごぼうは古くなると中がフカフカとやわらかくなり、 シャキシャキとした食感、歯ごたえがなくなるので、 新鮮なうちに早めに食べるのが美味しいです。冷蔵庫の野菜室で保存します。

人参の保存方法

人参はヘタを切り落とした方が長持ちするので、 人参を買ったら 先ず包丁でヘタを切り落とし、新聞紙で包み、 ビニール袋に入れて保存します。 出来れば1本1本分けて包んだ方が良いです。 新聞紙は人参の乾燥を防ぎ、人参から出るぬめりもとってくれます。 冷蔵庫の野菜室で保存します。



夕飯献立,夕食献立TP > マヨネーズ系サラダの献立 >
牛蒡と人参がたっぷり入って食物繊維もたっぷり取れちゃう。ゴママヨのたれ(ドレッシング?)は味見しながら美味しく作ってね(笑)
人参とゴボウとちくわの胡麻マヨネーズサラダ

★関連メニュー
たたき牛蒡 /
ごぼうと人参と薩摩揚げのきんぴら/
きんぴら牛蒡/
根菜の煮物/
筑前煮/
牛肉とごぼうのしぐれ煮/
★その他のマヨネーズ系サラダレシピ(ランダム)
大根胡瓜人参の胡麻マヨ /
新玉葱、レタス、胡瓜ちくわのマヨ系サラダ /
南瓜・レーズン・アーモンドのクリームチーズ和え

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・床のぞうきんがけの話

皆さんは 床、フローリングの雑巾がけやワックスがけってどうしてますか?
私は昔はひたすら膝をついてせっせと汗水垂らしながら雑巾がけをしていましたが、何年か前に立ったまま雑巾がけ出来る「雑巾ワイパー」なるものをホームセンターで発見し、使ってみたところコレは良いです。
手持ちの雑巾を挟んで取り付けるだけ、立ったまま雑巾がけが出来るから座ってやるよりだいぶラクですよ。
興味のある方はホームセンターかネットで「雑巾ワイパー」で検索してみてください。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識