棒々鶏(バンバンジー)
バンバンジーのサラダ

【 約4人分 】


鶏ムネ肉 ※もも肉も美味・お好みの方....1枚

きゅうり.........1〜2本

トマト...........飾る程度


A<バンバンジーのたれ>

・白すりゴマ.......................適量

・ごま油.............................

・醤油、味噌........................

・砂糖................................

・酢...................................

・豆板醤(トウバンジャン)........


<鶏茹で用>

・塩....ひとつまみ

・酒........少々

  • 鍋にかぶる位いの水・酒少々、塩ひとつまみを入れ 鶏ムネ肉 (又はもも肉) を
    "切らずにかたまりのまま"入れ 弱火で蓋をして 中までしっかり茹でる
    (※必ず肉を切らずに かたまりのまま茹でてください。肉のうまみが逃げます)

  • Aを混ぜ合わせ バンバンジーのたれを作っておく (※市販のタレでも可)

  • 茹だったら皿に取り ラップをかけてそのまま冷まし
    冷めたら手で食べやすくバラす。

  • きゅうりは 流水で洗い 千切りにする

  • お皿にきゅうりを盛り その上にバラしたムネ肉をのせ、
    まわりにくし形に切ったトマトを飾る

  • ※食べる直前にタレをまわしかけて出来上がり

  • ムネ肉(又はもも肉)は茹で時間がかかっても 必ず切らずにかたまりのまま茹でてください。
    うまみが逃げてしまいます。あと、お肉は冷ましてからバラした方が パサつきにくいです。

  • バンバンジーは 鶏のムネ肉でも、もも肉でも どちらも美味しくいただけます。
    ムネ肉は 値段も安く さっぱりしてますし もも肉は"お肉"ってかんじです(笑)
    そのへんはお好みで。

  • タレを買う(作る)のがなぁ、と思われる方は とっても簡単で
    誰が作っても無難に美味しい(笑)→ささみときゅうりのゴママヨかけ
    も紹介しています。

きゅうりの見分け方

きゅうりにはトゲトゲがありますが、このトゲトゲに触った時、 痛いくらいしっかりトゲトゲしてるものが美味しいです。 きゅうりは太さも重要で、太すぎるものより 適度に細く、全体的に太さが均一で、緑の色が濃いものを選ぶと良いです。 太いものでも 浅漬けやぬか漬けなどは合います。 旬は夏で、この時期のきゅうりはみずみずしく、値段も安めです。

きゅうりの保存方法

きゅうりは新聞紙、キッチンペーパーなどで 1本ずつ包んでビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存します。 きゅうりは新鮮なほど美味しいので、早く食べた方がいいです。



夕飯献立,夕食献立TP > サラダイロイロ献立 >
市販の棒々鶏(バンバンジー)のタレをかけるだけの夏に美味しい手間無しサラダ★
きゅうり&蒸し鶏の定番コラボ。夏に冷たくてさっぱり美味しいバンバンジー

★関連メニュー
豚しゃぶサラダ/
和風チキン竜田 /
豚和風チキンカツ(大根おろし&ぽん酢)/
鶏唐揚げの甘酢あん /
チキンカツ・他
★その他のサラダレシピ(ランダム)
キュウリと味付けクラゲ和え /
水菜とちりめんじゃこのサラダ /
そのまんま冷やしトマト /
サラダほうれん草とゆで卵のサラダ ・他

〜最近のつぶやき〜・
今年も早いもので、もうクリスマス、お正月がの準備をする時期が近づいてきました。我が家はクリスマスケーキはここ10年位い買ったことはなく、スポンジケーキと苺と生クリームを買って、家でホールケーキ3つ位い作って、クリスマスとクリスマスイブの2日間にかけて食べるのが定番になっています。煮物とかおかずとかって、それほど細かいレシピを気にしなくてもそれなりに美味しく作れると思いますが、ケーキだけは レシピ通りちゃんと作らないと ふわふわのスポンジが出来ないんですよね。私もネットで色々なスポンジケーキの作り方、レシピを参考にさせていただきましたが「これはうまく出来た♪」というレシピに出会うまでは 何回か失敗もしましたが その分うまく作れた時は嬉しかったです♪

すみれのつぶやき・・・運慶の作品を見に行った話

「運慶」と聞いてもピンとこない人も多いと思いますが、仏教や仏像の世界ではおそらく知らない人はいないのではないか、と思うほど有名な「仏師」運慶。運慶は鎌倉時代の仏師ですが、今なお日本だけじゃなく海外でも注目され作品の多くは重要文化財や国宝に指定されています。そんな偉大な仏師運慶の作品を見に行ったのですが、不動明王は力強く迫力があり、対照的に大日如来坐像などはとてもおだやかで神聖な雰囲気だったのが印象的でした。技量とか技術とかを超えた、運慶の仏像に対する並々ならぬ思いがどの作品にもこもっているからこそ、時代を超えて大切にされ続けるのだろうと思いました。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識