ゆで卵と
ほうれん草のグラタン
ゆで卵とほうれん草のグラタン

マカロニ

とろけるチーズ........適量

ほうれん草

(↑サッと茹で冷水に取り 水気を絞り 食べ易い長さに切る)

ゆで卵 ( 輪切り )

ベーコン


A<ホワイトソース ※4人分>

・バター...............................大さじ4

・小麦粉...............................大さじ4

・牛乳.................................3カップ

・コンソメ...............1個

・味をみて塩・コショー......適量


(※計量スプーンはふちにそい 平らにして計ります)

  • 鍋にバターを熱し 完全にバターが溶けたらいったん火を止め
    小麦粉を加えて混ぜ サラっとした感じになる位いまで弱火でよく炒める
    ( ※長く炒めすぎて 小麦粉が焦げて茶色っぽくなると味がマズくなるので
    色が変わらない程度によく炒めてください )

  • 温めた牛乳を加え 混ぜて煮立て、砕いたコンソメ、コショーで味をととのえ
    トロっとした感じになるまで火にかける

  • フライパンを熱し ベーコン、(茹でた)ほうれん草の順に炒める

  • 茹でたマカロニをホワイトソースに入れて絡める

  • C・Bをグラタン皿に盛り、ゆで卵・とろけるチーズをのせ オーブン等で焼く

  • ホワイトソースを美味しく作るポイントは 小麦粉をバターで
    サラッとした感じになるまで炒めて"粉っぽさを無くす"ことですが、
    長く炒めすぎても小麦粉が焦げて色が茶色っぽくなり 味がマズくなってしまうので
    色が変わらない程度によく炒めることが大事です

  • 必ずしもほうれん草じゃなくても 茹でた菜の花、ナバナなんかでも合いますよ。
    ゆで卵とほうれん草のグラタンは私もよく作りますが 材料費が安いのはもちろん
    栄養バランスもよくボリュームもたっぷりお勧めです。

ほうれん草の見分け方

葉が肉厚で緑が濃く、茎がしっかりしていて 根のピンクが濃く、 葉の部分が大きいものが良いです。 背丈も あまり長く成長しすぎたものより、適度な長さが良いです。 ほうれん草は日が経つと、葉に元気がなくなり、葉がしなびてきて、 色も黄色っぽくなってきますので、 葉が元気にピンと立っているものを選びます。 葉ものは見慣れると 元気が良いか、元気がないか、 見ただけでも分かるようになります。



夕飯献立,夕食献立TP >パスタ,グラタン,スパゲティの献立 >
ゆで卵とほうれん草で栄養バッチシ♪。ほうれん草の緑とゆで卵の黄色で彩りも綺麗です。ゆで卵とほうれん草のグラタン

★関連メニュー
茶碗蒸し /
サラダほうれん草とゆで卵のサラダ /
ほうれん草のおひたし /
ほうれん草のお吸い物 /
ほうれん草のゴマ和え ・他
★その他のパスタ,グラタンレシピ(ランダム)
きのこグラタン /
牡蠣グラタン /
ボンゴレビアンコ /
鮭のポテトグラタン /
粉チーズパスタ /
スパゲッティミートソース ・他

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・メガネを探すの話

私は視力がすこぶる悪い。普通の人は0・いくつ位だと思うが、私は0・0いくつとか、0の単位が人より多い。そんな私の日常にメガネは無くてはならないものだが、顔を洗う時や 化粧をする時、朝など メガネをひょっと外してそのへんに置いたは良いが、メガネがどこに置いてあるか解らずあたふたとメガネを探すことが度々ある。外す時は出来るだけ解り易い場所や定位置に置いてるつもりなのだが、それでも視力が悪いので ちょっとへんな場所に置くと一人では探すのも一苦労だ。いっそ赤とかの目立つメガネにしようかと思った事もあるが、おそろしく似合わなかったのでやめますた(笑)

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識