カブとがんもの煮物
カブとがんもの煮物

かぶ

がんも (がんもどき)


A<煮汁>

・だし汁.......適量

・砂糖...........

・みりん・酒....

・醤油............

・だしの素.....

  • 沸騰した湯をやかんで ( がんもに ) 回しかけ 油抜きし 縦半分に切る
    (小さいがんもは切らなくて良いです)

  • かぶは皮をむき 縦に4つ切りにする、
    カブの茎(葉)は 塩を加えた熱湯でさっと湯がいて 3〜4cmの長さに切っておく

  • 鍋にAを入れて煮立て カブを入れて煮る

  • カブに火が通ってきたらがんもを入れて煮る

  • 最後にAを加えて軽く煮てお皿に盛る

カブは茎付きで売っていることが多いですが、 茎は捨てずに、ごま油で炒めたり、塩を加えた湯でさっと湯がいて、 包丁で小口切りにし、 お味噌汁などに入れても、彩りもよくなり美味しいです。 カブの旬は冬で、甘みのあるカブは、生で漬物やサラダなどにしても美味しく、 炒め物、煮物などにも合います。

がんもどきは、豆腐に山芋、卵、ゴボウや人参などの野菜を加え、油で揚げたもので、 煮物やおでんなどが一般的ですが、そのまま焼いて生姜醤油で食べても美味しいです。 ちなみに「 がんもどき 」という名前の由来は、一説によると、雁の肉(雁=水鳥の肉)に、似せて作られたことから「がんもどき」という名前がついたのだそうです。 元々、がんもどきは精進料理で、肉の代用品として作られたものだそうです。



夕飯献立,夕食献立TP > 定番,基本の煮物献立 >
ふっくらがんも(がんもどき)とかぶ、かぶの茎(葉)で彩りも綺麗でなんとなく上品な煮物。ちなみにかぶの旬は冬〜春ごろで
かぶの葉は栄養も豊富なのでさっと湯がいて小口切りにしてお味噌汁に入れたりすると良いですよ。かぶとがんもどきの煮物

★関連メニュー
がんものなめこおろしあんかけ /
こんがり焼いた大判がんもを生姜醤油で /
カブと厚揚げの鶏そぼろあん /
かぶの塩昆布漬け
★その他の定番の煮物のおかずレシピ(ランダム)
根菜の煮物 /
おから煮 /
甘海老の揚げ煮 /
里芋と牛肉の煮物 /
鶏大根 /
イカと大根の煮物 /
長芋のそぼろ煮

〜最近のつぶやき〜・
だんだんと秋の訪れを感じる今日この頃。暑さのピークも過ぎ、暑さで寝苦しくなることもなくなり、 「もうすぐ夏も終わりだなぁ。あっという間に夏が過ぎたなぁ」と、季節の移り変わりの早さが、歳おうごとに早く感じるこの頃です。でも、今年の夏は暑かったですよね〜。地球温暖化が進んでいるせいだと思いますが、5年後、10年後の夏はどうなってしまうんだろうと心配です。暑い時期は果物が美味しく感じる季節でもありますが、今が旬の果物といえば梨。シャリシャリとみずみずしい梨は、冷やして食べると とても美味しいですよね。ぶどうなども美味しい季節で、今の時期は色々な種類のブドウがスーパーに並びます。ビタミンCは疲労回復に効果があるので、夏バテで疲れた体を、旬の果物を食べて元気に♪

すみれのつぶやき・・・お風呂の話

寒い冬の楽しみといえばお風呂、という方、多いと思います。疲れて帰ってきて、温か〜いお風呂に入ると「生き返る〜」と思いますよね。入浴剤も色んな香りや色々な効能のあるものが売られていますが、日によって入浴剤をアレコレ変えて入るのも、又楽しいものですよね。我が家はお風呂の残り湯を洗濯に使うので あまり入浴剤の冒険は出来ませんが(笑)温泉なんかも行きたいなぁ〜と思うのですが、お金もなければ時間も無いので、老後の楽しみにしています(笑)雪景色を見ながら 大自然の中でゆっくり温かい温泉につかってみたい・・・。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識