そぼろ肉じゃが
そぼろ肉じゃが

じゃがいも

人参

玉ねぎ

いんげん

ひき肉


・だし汁.......適量

・みりん・砂糖・醤油・酒・だしの素.....適量

  • じゃがいもは適当な大きさ ( 一口大位い )に切り 水にさらしザルに上げる

  • 人参はイチョウ切り、玉ねぎはくし型に切る

  • 鍋に油を熱し ひき肉を炒め 肉に火が通ってきたら
    じゃがいも、人参、玉ねぎを入れて炒める

  • 全体に油が回ったらAを加え 蓋をして弱火で煮る

  • じゃが芋に火が通ったら いんげんを加え ひと煮する
    (※生のいんげんは筋を取って茹でてから、 冷凍の場合はそのまま入れてください )

  • ひき肉は豚・牛の挽肉だとコクが、鶏の挽肉を使うとヘルシーです。
    そのへんはお好みで。

じゃがいもの保存方法

じゃがいもは光があたると緑色になり、毒であるソラレン物質も増え、 美味しさも損ねるので、光があたらない、暗く涼しい所で保管します。 野菜ストッカーなどに入れている場合は、 光があたらないように新聞紙をかぶせて光をさえぎると良いです。 じゃがいもは常温保存が基本ですが、 夏場の暑い時期は 新聞紙でくるんでビニール袋に入れて 冷蔵庫の野菜室にしまった方が 日持ちします。



夕飯献立,夕食献立TP > 煮物系の献立 >
肉じゃがを作ろうと思ったら挽肉しかない、お肉の量が少ない・・そんな時はこま切れの代わりに挽肉を使って作れば
少ない量でもお肉のコクで煮物が美味しい何かと便利なそぼろ肉じゃが

★関連メニュー
肉じゃが/
じゃが芋とインゲンそぼろ煮/
厚揚げのそぼろ煮/
南瓜のそぼろ煮/
じゃが芋挽肉の炒め物/
里芋のそぼろ煮
★その他の煮物のおかずレシピ(ランダム)
白菜とツナの煮物 /
豚大根 /
がんもと大根の煮物/
鶏大根 /
蓮根とひじきの炒め煮 /
秋刀魚の蒲焼(缶)と大根の煮物 /

〜最近のつぶやき〜・
寒くなると活動的になる私ですが、気温や風が冷たいと 喉の調子が悪くなりませんか? 朝起きて、喉痛いなぁ、とか何となく喉に違和感があったり喉の調子が悪いのは、なぜか寒い時期なんですよね。 寒い時期になると咳き込む方も多いと思いますが、喉の不調は喉の冷えと関係があるので、とてもベタな方法ですが、マフラーやタートルネックなどの服を着るなどして、首を冷やさず 温めるようにすると不思議と喉の痛みや咳、不快感が軽減しますよ。家の中ではタオルなどを首に巻いておくだけでも効果があるので、寒くなると喉が痛くなる、という方は是非お試しあれ。 又、寝ている時は 寝返りなどをうつために 布団が下にずれて 首が冷えていることもよくあります。首まわり専用のウォーマーなども売ってるので、寝ている時に首を冷やさないように工夫することも大切です。

すみれのつぶやき・・・レコードの話

私が子供の頃はラジカセが主流でしたが、ウチの父は当時レコードプレイヤー?を持っていて、よく夜になるとバッハやらモーツアルトやらベートーベンやらのクラシックレコードを子守唄代わりに聞いて眠りについたものです。レコードといってもピンとこない方もいると思いますが、当時はレコードを回して針をのせて音を奏でていたわけです。なのでよく針が飛んだり同じところでループしたりしてました。レコードは今のCDに比べて傷が付きやすく、イイ気持ちで聴き入っていると突然おかしな感じになったり、沢山のレコードを持っていると場所をとるなど、今から考えると不便な面もありましたが、今となっては家のレコードプレーヤーもレコードの山も綺麗さっぱり消えてしまい、たまにお店でレコードプレーヤーを見かけると、当時の記憶が懐かしく蘇ってきます。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識