ピーマンの肉詰め
ピーマンの肉詰め

ピーマン

合挽き肉

玉葱

パン粉........大2位い

溶き卵.....1/2〜1個


A<下味>

・塩・コショー


・水............................適量

・酒・みりん・醤油・砂糖...

・だしの素.....................

  • 玉葱はみじん切りにし 耐熱皿等に入れ ラップをかけて
    レンジ強で加熱して火を通し 冷ましておく

  • ピーマンは縦半分に切り、種・ヘタを取り 内側に小麦粉を薄くまぶす

  • ボールに合挽肉・@の玉葱・溶き卵・パン粉少々を入れ Aで軽く下味を付け
    手でよくこね ピーマンにしっかり詰め、表面に小麦粉を薄くまぶす

  • フライパンに油をひき 肉を下にして焼き、焼けたら一旦お皿に取る

  • 先ほどのフライパンにBを入れて煮立て Cを戻して煮る

  • よくスーパー等に売ってる カゴメの"鶏肉のトマト煮用ソース"で煮込んでも美味しいですよ。
    ピーマンの肉詰めのトマトソース煮込みレシピ

  • たまに1袋5個入りのピーマンに 1個だけ赤いピーマンが混ざってることありませんか?
    なんでも 青ピーマンが熟してくると赤い色に変わるらしいです。
    ちなみにピーマンはあの "ナス科"に属するのだそうです。
    ナスは中身ぎっしりで皮薄々なのに ピーマンは中身スカスカで皮は肉厚なのに・・・
    ちなみに 冗談でおばかちゃんに 「 頭がピーマンだねぇ〜 」 と言ったりしますが、
    その意味は "頭がピーマン"="頭の中身がピーマンのようにからっぽ"
    という意味だと思います。う〜ん。でも今時"頭がピーマン"なんて誰も言わないナリ。

ピーマンの見分け方

緑が濃く つや、ハリがあり、肉厚なものが美味しいです。 ピーマンは1年中売っていますが、旬は夏〜秋です。 たまにオレンジがかったピーマンを見かけると思いますが、 オレンジ色になったピーマンの方がむしろ苦味が少なく食べやすいです。 (元々ピーマンは完熟すると赤い色になります) 赤や黄色などのパプリカも ピーマンの仲間ですが、 美味しいパプリカを選ぶポイントは、肉厚でハリのあるもの、重みのあるものが良く、 シワがより、ハリがなくなったものは鮮度が落ちています。



夕飯献立,夕食献立TP > お肉イロイロ献立 >
見た目も可愛いちょっと手のこんだ風?なピーマンの肉詰め。定番の椎茸の肉詰めも美味しいですよ。

★関連メニュー
ピーマンの肉詰めのトマトソース煮込みbyカゴメ鶏肉のトマト煮用ソース /
春雨入りワンタンスープ /
鶏団子とニラ春雨のスープ
★その他のお肉のおかずレシピ(ランダム)
鶏の南蛮漬け? /
鶏もも肉のスパイス焼き /
鶏ももネギ塩焼き /
豚スペアリブの煮込み /
鶏もも肉の味噌漬け /
生姜焼き・他

〜最近のつぶやき〜・
寒くなると活動的になる私ですが、気温や風が冷たいと 喉の調子が悪くなりませんか? 朝起きて、喉痛いなぁ、とか何となく喉に違和感があったり喉の調子が悪いのは、なぜか寒い時期なんですよね。 寒い時期になると咳き込む方も多いと思いますが、喉の不調は喉の冷えと関係があるので、とてもベタな方法ですが、マフラーやタートルネックなどの服を着るなどして、首を冷やさず 温めるようにすると不思議と喉の痛みや咳、不快感が軽減しますよ。家の中ではタオルなどを首に巻いておくだけでも効果があるので、寒くなると喉が痛くなる、という方は是非お試しあれ。 又、寝ている時は 寝返りなどをうつために 布団が下にずれて 首が冷えていることもよくあります。首まわり専用のウォーマーなども売ってるので、寝ている時に首を冷やさないように工夫することも大切です。

すみれのつぶやき・・・会ってみたい有名人の話

最近TVによく出る、ニューハーフ?のミッツ・マングローブさんがなぜか好きだ。(ちなみにこれを書いてる今は2011年です)トークがおもしろいのもそうだが、何となく不思議な色気を感じるのは私だけだろうか。体も大きいけど人間(心)もとても大きな人のような気がする。私はオーラとかは見えないが、なんかミッツさんて紫の大きなオーラに包まれてそう。ミッツさんはお店(飲み屋?バー?)を経営しているそうで、そこに行って運が良ければ会ってお話なんかも出来るみたいだが、今はTVの仕事がとても忙しそうなので、ミッツさんをTVであまりお見かけしなくなったらお店に行ってみようかと思う(笑)でもミッツさんて身長も高いし、端正な顔立ちで、女装しないで男の格好をしていたら、結構私タイプかも。カッコ良さそう。なんか女装してるの勿体無い。会って話したら男として好きになっちゃったらどうしよう(笑)

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識