鶏唐揚げの酢豚風
鶏唐揚げの酢豚風

鶏の唐揚げ

玉葱(くし形切り)

ピーマン (乱切り)

人参(乱切り)

生椎茸 (縦に細切り)

お好みでパイナップル(いちょう切り)


A< あん/合わせ調味料・4人分>

・鶏ガラスープ(素を湯で溶かしたもの)....2/3カップ位い

・ケチャップ..............適量

・砂糖.......................

・酢..........................

・醤油.......................


水溶き片栗粉(薄くトロミ付け)..適量

  • Aの調味料を混ぜ合わせておく
    (※"鶏ガラスープ"は市販の"鶏ガラスープの素"をお湯で溶かしたスープのことです)

  • 人参は乱切りにしてレンジに入れ ラップをして串が通る位いに火を通しておく
    玉ねぎも軽くレンジでチンして火を通しておく

    (※野菜は出来れば"油通し"した方が良いですがそのへんはお好みで)

  • 中華鍋にごま油を垂らし 野菜、椎茸を炒め @のタレを加える

  • 煮立ってきたら唐揚げ、パイナップルを加え
    水溶き片栗粉を加えて薄くトロミを付け 煮絡めてお皿に盛る

  • 私は前日の残り物の唐揚げを使用して作ることが多いです。
    前日の夕食のおかず 「 鶏の唐揚げ 」 → 次の日のおかず 「 鶏唐揚げの酢豚風 」というふうに。
    でも 同じ食材を2日続けて夕食に出すのを嫌がる旦那さんも多いと思うので
    おべんとうのおかずや "付け合せにもう1品"くらいが良いかも。

  • 鶏のから揚げの作り方はこちら→鶏のから揚げレシピ
    市販のから揚げ粉をまぶして揚げるだけの 簡単に手早く出来るから揚げは
    こちら→お弁当に便利!簡単から揚げ

鶏肉豆知識

ももの部分は脂肪が多いですが 味にコクと旨みがあり、ムネ肉は脂肪が少なく淡白、ヘルシーで値段も安いです。 ささみも高たんぱく、低カロリーですが、ムネ肉に比べ、身がやわらかいのが特徴です。 手羽先や骨付きなどは、味も良く、脂肪もあるので、鍋に入れると、コラーゲンたっぷりの ぷるぷるで旨みのあるスープになります。又、塩焼きや から揚げなどもよく合います。 ヘルシー志向の方、食費を節約したい方には、ムネやささみがお勧めですが、 そのまま焼くと、パサついた感じがするので、炒め物なら片栗粉をもみこんだり、小麦粉をまぶしてから焼いたり、フライなどにしても身がパサつかず、美味しく頂けます。



夕飯献立,夕食献立TP > 炒め物の献立 >
前の日の鶏唐揚げの残りを使うとなお簡単♪鶏の唐揚げアレンジレシピ,鶏唐揚げの酢豚風。
ちなみに我が家では鶏の唐揚げが余ったら次の日これを作ることが多いです。

★関連メニュー
鶏唐揚げの甘酢あん /
チキンカツ /
お弁当に!カンタン唐揚げ(by市販のお肉が柔らかくなるから揚げ粉) /
鶏の唐揚げ ・他
★その他の炒め物のおかずレシピ(ランダム)
きのことベーコンの炒め物 /
レバニラ炒め /
豚肉とニンニクの芽の炒め物 /
帆立(貝柱)とチンゲン菜の炒め物

〜最近のつぶやき〜・
今年も早いもので、もうクリスマス、お正月がの準備をする時期が近づいてきました。我が家はクリスマスケーキはここ10年位い買ったことはなく、スポンジケーキと苺と生クリームを買って、家でホールケーキ3つ位い作って、クリスマスとクリスマスイブの2日間にかけて食べるのが定番になっています。煮物とかおかずとかって、それほど細かいレシピを気にしなくてもそれなりに美味しく作れると思いますが、ケーキだけは レシピ通りちゃんと作らないと ふわふわのスポンジが出来ないんですよね。私もネットで色々なスポンジケーキの作り方、レシピを参考にさせていただきましたが「これはうまく出来た♪」というレシピに出会うまでは 何回か失敗もしましたが その分うまく作れた時は嬉しかったです♪

すみれのつぶやき・・・ingの話

私が中学の頃、語尾に英語の「ing」を付けて話すのが友達同士で流行った。例えば「お弁当ing〜」とか「買い物ing〜」とか、とにかく何かにつけて言葉の終わりに「ing」を付けてしゃべっていた。ingの意味は確か「●●をしているところです」といったような意味だったと思うし、そんな意味合いで使っていたのだが。で私がよくこのサイトでも使っている「by●●」というのも、私が確か中学位いの時に、とんねるずか誰かがTVで「by●●」という言葉をよく使っていて、学校の友達の間でもそれが流行って、友達同士の手紙のやりとりの最後に「by●●←自分の名前」みたいに書いて使っていた。その名残で私も例えば「カレーライスby市販のルー」みたいに使ってしまっているわけなのです(笑)

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識