いわしのフライ
鰯(いわし)のフライ

いわし

(フライ用に開いてあるイワシを使うと簡単です)

レモン・ソース等


A<下味>

・塩・コショー


<衣>

・小麦粉.......適量

・溶き卵.......1個分

・パン粉........適量



  • いわしは頭を切り落とし 内臓を取り除いて流水で洗い 手開きにして中骨を取り除き
    腹骨を包丁で削ぎおとして 水気をとる
    (※子供や年配の方は3枚におろして2枚に分けた方が食べ易いと思うので
    そのへんはお好みで )

  • 塩・コショーで下味をつけ、
    小麦粉→溶き卵→パン粉の順に衣を付け きつね色にこんがり揚げる

  • お皿に盛り くし形に切ったレモン、ソース等を添えていただく


  • 千切りキャベツや茹でたブロッコリー、トマトなんかを添えて。

  • フライ用に開いてあるいわしを使うと簡単、便利です

  • フライといえばアジのフライが定番ですが、いわしのフライも安くて美味しいです。

  • 他にもいわしの南蛮漬けいわしの天丼いわしの蒲焼き丼なども紹介しています。

  • いわしはお魚の中でも値段が安いですが、新鮮ないわしはとっても美味しいです。
    是非安くてうまいイワシ料理を色々覚えて作ってみてくださいね。

イワシは通年出回りますが、イワシの旬は夏〜秋です。 栄養価も高く、骨を丈夫にする カルシウムやビタミンDなどの他、血栓症の予防に効果があるIPAなども豊富に含まれています。 イワシは値段も安く、味にクセがないので食べやすく、身もやわらかで脂のりも良く、美味しいお魚ですが、小骨が多いので、すりみにしたり、圧力鍋で骨までやわらかく煮たりすると、小骨を気にせず食べれます。



夕飯献立,夕食献立TP > 魚介のフライ系献立 >
魚のフライといえば定番のいわしのフライ。お好みでタルタルソースをかけても美味です。
安くてもしっかり栄養。アジのフライが定番ですが、いわしのフライも身がやわらかで美味ですよ。

★関連メニュー
いわしの南蛮漬け/
いわしの蒲焼き/
いわし天丼 /
いわしの蒲焼き丼/
いわしの味噌煮/
いわしの天ぷら/
いわしの生姜煮 /他
★その他の魚介のフライ,おかずレシピ(ランダム)
わかさぎの唐揚げ /
かじきの竜田揚げ おろし&ぽん酢 /
タコのスパイス揚げ /
(帆立の)小柱と 三つ葉の掻き揚げ ・他

〜最近のつぶやき〜・
今年も早いもので、もうクリスマス、お正月がの準備をする時期が近づいてきました。我が家はクリスマスケーキはここ10年位い買ったことはなく、スポンジケーキと苺と生クリームを買って、家でホールケーキ3つ位い作って、クリスマスとクリスマスイブの2日間にかけて食べるのが定番になっています。煮物とかおかずとかって、それほど細かいレシピを気にしなくてもそれなりに美味しく作れると思いますが、ケーキだけは レシピ通りちゃんと作らないと ふわふわのスポンジが出来ないんですよね。私もネットで色々なスポンジケーキの作り方、レシピを参考にさせていただきましたが「これはうまく出来た♪」というレシピに出会うまでは 何回か失敗もしましたが その分うまく作れた時は嬉しかったです♪

すみれのつぶやき・・・ストーブの話

今はあまりやらなくなったが、昔はよく寒くなると石油ストーブの上にやかんやら鍋やらを置いて、お湯を沸かしたり、あずきとかをコトコト母が煮たりしていた。そういえばもう何年も石油ストーブの上に鍋ややかんを置くことはないなー、どうしてだろう、と考えていたら、やっぱり鍋もポットも進化したからかも、と思った。例えば昔は圧力鍋って、今みたいに一家に一台普及してなかったし、電気ポットも、昔はどこの家も魔法瓶だったと思うんですよね。圧力鍋なら短い時間で調理出来るし、電気ポットはボタンを押すだけで24時間沸いてるので、石油ストーブの上に鍋を置いてコトコト煮たり、やかんのお湯を沸かしたりしなくても良くなったわけです。(なんか偉そうに書いてますが、今でも石油ストーブの上でやかんで湯を沸かしたり鍋を煮たりしている家庭も多くありますよね。いかん、私としたことが)でもその当時を思い出すと、母がよくストーブの上でお豆やらあずきやらを煮てくれていた、その時の甘い匂いと、家族でストーブを囲んで一家団欒してたことが、なんだかあったかい思い出です。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識