海老とアスパラの炒め物
海老とアスパラの炒め物

海老

アスパラ ※生

生姜のみじん切り........小さじ1位い

にんにくのみじん切り....1カケ

ごま油...適量

水溶き片栗粉(トロミ付け)..適量


<海老>

酒・片栗粉


・鶏ガラスープ.....1/3カップ位い

(※↑市販の鶏ガラスープの素をお湯で溶いたもの)

・酒.......................適量

・コショー.................

  • <海老の下処理>
    海老は殻をむき 尾、背ワタを取り 片栗粉、水、塩少々を加えて手でよく揉みこみ
    水洗いして水気をしっかり切る(←海老のくさみが取れます)
    酒・片栗粉を加えてもみこんでおく

  • アスパラは根元を切り落とし ピーラーで下の方の皮を薄くむき
    さっと( 固めに )下茹でしてザルに上げ 斜めに4〜5cm位いに切る

    (※アスパラはななめに切ると見た目も綺麗です)

  • 生姜、ニンニクはみじん切りにする

  • 中華鍋、フライパン等にごま油を垂らし 生姜、にんにくを炒め 香りが立ったら
    海老を加えて炒め 次いでアスパラを加えて炒める

  • Aを加えて煮立て 水溶き片栗粉で軽くトロミを付け お皿に盛る

  • 香ばしいゴマ油と鶏ガラスープの中華風のとろっとしたあんが絡んで美味しいです。
    コレ、我が家では2週間に1回位いの割合で食べますよ。

アスパラの旬は 春〜初夏で、「アスパラギン酸」という、疲労回復に効果のある成分などを含んでいます。 アスパラは、皮に筋があるので、ピーラー等で薄く皮をむいて調理しますが、 炒め物などに入れる場合は、あまり細いと見栄えが悪く 歯ごたえも感じにくいので、 適度に太さがあるものの方が 見栄えが良く、歯ごたえも楽しめると思います。

海老には色々な種類があり、 車海老は串を刺して 殻付きのまま焼いて食べる鬼殻焼きなどが有名で、 大正海老やブラックタイガーは、フライや天ぷらなどに適しています。 芝エビはかき揚げなどにしても美味しく、バナメイエビは値段もやや手ごろなので、 炒め物や茶碗蒸しなどに良いです。 甘みたっぷりの甘海老はお刺身が美味ですが、鮮度が落ちたものは殻付きのまま揚げても、えびせんのような香ばしさで美味しいです。



夕飯献立,夕食献立TP > 魚介イロイロ献立 >
海老とアスパラといえば定番の組み合わせですが、香ばしいゴマ油とガラスープのとろっとしたあんが絡んだ
中華風の海老とアスパラの炒め物はお勧めです。海老とアスパラの中華風の炒め物

★関連メニュー
海老の塩焼き /
海老とアボガドのわさび醤油 /
海老フライ〜タルタルソース /
海老 ほうれん草 キノコ 玉葱のホイル焼き ・他
★その他の魚介のおかずレシピ(ランダム)
海老とスナップエンドウの炒め物 /
ふんわり卵の海老チリソースかけ /
エビとスナップエンドウの粒マスタード入りマヨ和え /

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・お菓子の家の話

私は子供の頃、ケーキ屋さんになりたかった。もちろんケーキが好きだし食べたかったからだが、ヘンゼルとグレーテルの童話の中に出てくるお菓子の家に住みたかったからだと思う。部屋も天井もベットもフカフカのスポンジケーキで出来ていて、窓枠にはクッキーの装飾がほどこしてあり、ドーナツのあちこちに立てかけてあるような。食べても食べてもなくならない、みたいな。ケーキ屋さんになればヘンゼルとグレーテルの童話に出てくるようなお菓子の家が作れる、住めると思っていた。そして私は大人になり、ケーキ食べ放題をはしごしたり甘いもののやけ食いをしたりしてるうちに「もう駄目・・ケーキはもうあと一ヶ月は食べたくない・・」みたいな経験を何度かするうち、そんな夢はすっかり消えてなくなってしまったのでした。チャンチャン。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識