鶏とごぼうの柳川丼
鶏とごぼうの柳川丼

鶏もも肉

牛蒡(ゴボウ)

みつ葉(あれば)

温かいご飯

お好みで七味


A

・だし汁..........................適量

・みりん・砂糖・醤油・酒・だしの素.......

  • 牛蒡はたわし等で皮をこそげ落とし、ささがきに切り
    たっぷりの水にさらしてアクを抜き、ザルに上げる

  • みつ葉も洗って食べやすい長さに切っておく

  • 鶏肉は食べやすく一口サイズに切る

  • 鍋にAを煮立て 鶏肉、牛蒡を入れて煮る

  • 溶き卵を加え みつ葉をちらし 半熟程度に固まったら火をとめる

  • 丼にご飯を盛り Dをお玉でのせて出来上がり。お好みで七味をかけて召し上がれ

  • 親子丼を作るかんじで作ると良いです。

  • 牛蒡が甘めのたれと良く合い シャキシャキした食感で美味しいですよ。
    個人的に親子丼より牛蒡入りの柳川丼風の方が私は好みだったりします

  • 定番の牛肉とごぼうの柳川丼、うなぎの柳川丼も紹介しています
    牛肉と牛蒡の柳川丼うなぎの柳川丼

ごぼうの見分け方

ごぼうは太すぎるものは、中にスが入っていることがあるので、 あまり太すぎないものを選ぶと良いです。 手でさわってみて、適度な固さがあるものが良く、 軽く折り曲げた時に、ぐにゃっと曲がるのは 日が経っています。 (新鮮なごぼうは、曲げたらポキッと折れてしまうと思います)

ごぼうの保存方法

ごぼうは泥を綺麗に洗ってあるものより、泥付きの方が日持ちします。 ごぼうは古くなると中がフカフカとやわらかくなり、 シャキシャキとした食感、歯ごたえがなくなるので、 新鮮なうちに早めに食べるのが美味しいです。冷蔵庫の野菜室で保存します。

鶏肉豆知識

ももの部分は脂肪が多いですが 味にコクと旨みがあり、ムネ肉は脂肪が少なく淡白、ヘルシーで値段も安いです。 ささみも高たんぱく、低カロリーですが、ムネ肉に比べ、身がやわらかいのが特徴です。 手羽先や骨付きなどは、味も良く、脂肪もあるので、鍋に入れると、コラーゲンたっぷりの ぷるぷるで旨みのあるスープになります。又、塩焼きや から揚げなどもよく合います。 ヘルシー志向の方、食費を節約したい方には、ムネやささみがお勧めですが、 そのまま焼くと、パサついた感じがするので、炒め物なら片栗粉をもみこんだり、小麦粉をまぶしてから焼いたり、フライなどにしても身がパサつかず、美味しく頂けます。



夕飯献立,夕食献立TP > 丼もの,丼ぶり,ご飯もの献立 >
シャキシャキした歯ごたえの牛蒡がたっぷり甘辛いたれ&鶏とも良く合いご飯もすすむ♪ 鶏とごぼうの柳川丼
定番の牛肉と牛蒡の柳川丼よりリーズナブルで安上がり。親子丼に飽きたらたまには鶏と牛蒡の柳川丼

★関連メニュー
牛肉と牛蒡の柳川丼 /
うなぎと牛蒡の柳川丼/
さんまの蒲焼き(缶)で柳川丼 /
牛肉と牛蒡のしぐれ煮/
鶏ももとごぼうの煮物 /
★その他の丼もの,丼ぶりレシピ(ランダム)
麻婆豆腐でマーボー丼/
中華丼 /
天津飯 /
サーモンとアボガドの漬け丼 /
マグロとアボガドの山かけ丼 /
カニ玉丼・他

〜最近のつぶやき〜・
寒くなると活動的になる私ですが、気温や風が冷たいと 喉の調子が悪くなりませんか? 朝起きて、喉痛いなぁ、とか何となく喉に違和感があったり喉の調子が悪いのは、なぜか寒い時期なんですよね。 寒い時期になると咳き込む方も多いと思いますが、喉の不調は喉の冷えと関係があるので、とてもベタな方法ですが、マフラーやタートルネックなどの服を着るなどして、首を冷やさず 温めるようにすると不思議と喉の痛みや咳、不快感が軽減しますよ。家の中ではタオルなどを首に巻いておくだけでも効果があるので、寒くなると喉が痛くなる、という方は是非お試しあれ。 又、寝ている時は 寝返りなどをうつために 布団が下にずれて 首が冷えていることもよくあります。首まわり専用のウォーマーなども売ってるので、寝ている時に首を冷やさないように工夫することも大切です。

すみれのつぶやき・・・プロレスの話

私は結構プロレス、それも女子プロレスが好きだ。以前は結構夜遅い時間帯とか深夜にTVで女子プロレスの試合が見れて、眠たい目をこすりながらよく見てたのだが、最近はあまりTVでやってないみたいでとても残念。私自身は格闘技もスポーツもこれといってやってないし、ルールとかもよくわからないのだが、同じ女として、強く体を張って戦う女性は美しいと思う。元々女女した、可愛いこぶりっこした女があまり好きではないため、そーゆーのに頼らない、女性であっても強くたくましく生きる彼女達の戦う姿は本当にかっこいい。もっと女子プロレスの試合がTVで見れるようになると嬉しいんだけど。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識