チキンカツ丼
チキンカツ丼

【 4人分 】

鶏ムネ肉............2枚

玉葱 (薄切り)............1個

.........................4個

刻み海苔...............上に散らす

温かいご飯


<下味>

・塩・コショー


A<衣>

・小麦粉........適量

・溶き卵.......1個分

・パン粉........適量


B<煮汁>

・水.............約1カップ

・みりん・砂糖.............適量

・醤油........................

・だしの素 (ほんだし等)..

  • 鶏ムネ肉の厚い部分から"横に"包丁を入れ 2枚に切り分け
    ( ※ようは2分の1の薄さの2枚分に切り分ける )
    塩コショーで下味を付け 小麦粉→溶き卵→パン粉の順に付け 油で揚げる
    (※鶏の皮が気になる方は取ってください。動物性脂肪の取り過ぎは体に悪いです )

  • 鍋にBを煮立て 玉葱を加え 火が通ったら 食べ易く切った@のチキンカツを並べ
    溶き卵を加えて 半熟程度に固まったら 火を止める

  • 丼にご飯を盛り Aをのせ 刻み海苔を飾って出来上がり


  • カツ丼の方がおいしいかな、と思いますが(笑)
    ムネ肉は値段も安くボリュームもあるので お金の無い時なんか良いですよ。

  • ちなみに我が家では お金の無い時やお弁当のおかずなど
    たまに安いムネ肉でチキンカツを作ります→チキンカツ

鶏肉豆知識

ももの部分は脂肪が多いですが 味にコクと旨みがあり、ムネ肉は脂肪が少なく淡白、ヘルシーで値段も安いです。 ささみも高たんぱく、低カロリーですが、ムネ肉に比べ、身がやわらかいのが特徴です。 手羽先や骨付きなどは、味も良く、脂肪もあるので、鍋に入れると、コラーゲンたっぷりの ぷるぷるで旨みのあるスープになります。又、塩焼きや から揚げなどもよく合います。 ヘルシー志向の方、食費を節約したい方には、ムネやささみがお勧めですが、 そのまま焼くと、パサついた感じがするので、炒め物なら片栗粉をもみこんだり、小麦粉をまぶしてから焼いたり、フライなどにしても身がパサつかず、美味しく頂けます。



夕飯献立,夕食献立TP > 丼もの,丼ぶり,ご飯もの献立 >
普通のカツ丼の方がおいしいかもだけど 安いムネ肉でボリュームもたっぷりで家計応援なチキンカツ丼も金欠の時なんかにおすすめです
安くてボリュームたっぷりお弁当のおかずにも♪チキンカツ丼

★関連メニュー
チキンカツ /
鶏ムネ肉のピカタ /
ムネ肉のチキンソテー /
ポークソテー /
和風チキンカツ /
ムネ肉の唐揚げチリソース /他
★その他の丼もの,丼ぶりレシピ(ランダム)
サーモンとアボガドの漬け丼 /
いくら丼(by生筋子)/
エビ玉丼 /
お手軽ネギトロ丼 /
カニカマでカニ玉丼 /
うな丼・他

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・サンタの話

サンタといえばロリポおじさんを思い出す(※ロリポップのロリポおじさんのことです)・・・じゃなくてサンタといえば、子供の頃、親にサンタがいると聞かされ、本気で信じていたあの頃、よくサンタにむけてお手紙を書いていた。●●が欲しいですだの、今度●●をくださいだの、大抵プレゼントの欲しいものリストを書いていただけなのだが。昼間母親に「サンタに手紙を書いて渡そうね」と言われ、欲しいものリストを書いて、プレゼントを入れるくつ下の中に入れたが、後日、何日かして親の部屋のクローゼットの中に置かれた、その手紙を発見。「なぜこんなところにサンタに宛てた手紙があるのか?」と思ったが、その後特に気にもせず、疑問にも思わず、それから又何年かサンタを信じて手紙を書き続けていたのだから、いかに子供とはいえ何も考えてなかったなぁ〜と子供時代を思い出す。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識