じゃがいものゴマ和え
じゃがいもの胡麻和え

じゃがいも


A

・白ゴマ(すったもの)...適量

・砂糖・醤油...............

  • じゃがいもは 1・5〜2cm角に切り 水にさらしてザルに上げ
    耐熱皿に入れ ラップをしてレンジ強で加熱し
    串が通る位いに やわらかくなるまで火を通す

  • すり鉢でゴマをすり 砂糖・醤油を入れて混ぜる

  • じゃがいもが熱いうちに Aに加えてからめる

  • 簡単に短時間で作れるので 忙しい時、時間のない時にお勧めです。

じゃがいもの保存方法

じゃがいもは光があたると緑色になり、毒であるソラレン物質も増え、 美味しさも損ねるので、光があたらない、暗く涼しい所で保管します。 野菜ストッカーなどに入れている場合は、 光があたらないように新聞紙をかぶせて光をさえぎると良いです。 じゃがいもは常温保存が基本ですが、 夏場の暑い時期は 新聞紙でくるんでビニール袋に入れて 冷蔵庫の野菜室にしまった方が 日持ちします。

ごまの効能

ゴマに含まれる「ゴマリグナン」には 活性酸素の働きを抑え、身体の酸化を防ぐ 抗酸化作用がある、と言われています。老化防止、若返りなどに良い成分も含まれているなど、栄養価の高い食品ですが、そのままだと栄養が吸収されにくいため、すり鉢などですると、栄養も吸収されやすくなります。



夕飯献立,夕食献立TP > 和え物,酢の物の献立 >
じゃが芋の煮物は美味しいけど、結構時間がかかりますよね。そんな時はレンジでチンして胡麻だれと和えるだけの、
簡単&短時間で作れるじゃがいもの胡麻和えがお勧め。煮物を作ってる時間がない〜という方や忙しい方にお勧めです。

★関連メニュー
じゃが芋とピーマンのきんぴら /
じゃが芋と人参のきんぴら /
じゃがいもとキャベツとひき肉の炒め物 /
フライドポテト /
★その他のあえ物,酢の物のおかずレシピ (ランダム)
シャキシャキ蓮根の梅和え /
菜の花と鶏のマヨだれ和え /
子大豆もやしときゅうりの食べるラー油和え /

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・女性の魅力の話

以前TVを見ていたら、サッカーだったかソフトボールだったか、何の競技だったかは正確に思い出せないが、とある女性のスポーツ選手が「今度オリンピックに出るのだが、被災地にも頑張ってる姿を通して、又そこで自分達が頑張って良い試合をすることによって、元気を与えられたら良い」みたいなことをインタビューで答えていて、私はその選手の事を全然知らないし、今でもその選手の名前も思い出せないのだが、その女性選手は、たぶん20代半ば位いで髪も男の子みたいに短く、化粧っけもないのだが、彼女の凛とした雰囲気、まっすぐな目、一生懸命に練習して汗を流すその姿に、私は今まで女性に感じたことのない、女らしいとか綺麗だとか可愛いだとかとは違う、人としての凛とした美しさみたいな魅力を凄く感じた。化粧や着飾った美しさとは又違う、精悍な気高い、誇り高い美しさみたいな。スポーツ選手、とくに女性のスポーツ選手は美しいことに気づいた、そんな話。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識