ほうれん草と
しめじのお浸し
ほうれん草としめじのお浸し

ほうれん草

しめじ


・ダシの素をお湯で溶いたもの....1〜2カップ位い

(※↑市販のほんだし、かつおだしなど)

・酒....少々


・めんつゆ......適量

・柚子胡椒.....少々

  • しめじは石づきを切り落とし、バラバラにほぐしておく

  • 鍋に市販のダシの素入れ お湯を加えて煮立て 酒少々を加え
    しめじを加えて軽く煮て火を通しておく (※煮汁は捨てないでください)

  • ほうれん草はよく洗い たっぷりの熱湯で茹でて ザルに上げ
    、 たっぷりの冷水にさらし、根元をそろえて 手で水気を絞り
    根元の部分は包丁で切り捨て、3〜4cmの長さに切り分ける

  • ボールに下煮したシメジを"煮汁ごと"入れ
    柚子胡椒少々、めんつゆを加えて味をととのえ
    ほうれん草を加えて和え お皿に盛る


  • 簡単で彩りも良く、あっさりと上品です。

  • 栄養もしっかりとれるので野菜のおかずを一品追加したい時にも。

ほうれん草の見分け方

葉が肉厚で緑が濃く、茎がしっかりしていて 根のピンクが濃く、 葉の部分が大きいものが良いです。 背丈も あまり長く成長しすぎたものより、適度な長さが良いです。 ほうれん草は日が経つと、葉に元気がなくなり、葉がしなびてきて、 色も黄色っぽくなってきますので、 葉が元気にピンと立っているものを選びます。 葉ものは見慣れると 元気が良いか、元気がないか、 見ただけでも分かるようになります。

キノコの見分け方

「しめじ・エノキ・エリンギ・なめこ・椎茸・舞茸」など色々な種類がありますが、 ハリがあり、凛として美しく、元気よく立っているものが良いです。 湿っぽいものや、シワのよったものは 日が経っています。 ちなみに、真空パック詰めされたなめこは、そのまま冷凍庫で保存可能なので、 すぐに食べない場合は 冷凍庫で保存すると 使いたい時に使えて便利です。



夕飯献立,夕食献立TP > 和え物,酢の物の献立 >
ほうれん草の緑、しめじの茶色&白、人参のオレンジで彩りも鮮やかなほうれん草としめじのお浸し
ほうれん草は鉄分やカルシュウムなど栄養もたっぷり含まれています。

★関連メニュー
アスパラしめじベーコンのガーリック炒め /
きのこのガーリックバターソテー /
あさり キャベツ しめじ ベーコンの炒め蒸し ・他
★その他のあえ物,酢の物のおかずレシピ (ランダム)
モロヘイヤのお浸し /
カリフラワーの胡麻マヨめんつゆ和え /
小大豆もやしのキムチ和え /
のりたまinところ天

〜最近のつぶやき〜・
年齢とともに 若い頃のようにすっぴん、化粧なしでは外に出られないくなった為(笑)
年相応に 近くのコンビニに行くだけでも 一応眉毛を書き、軽くファンデーションを塗り、口紅くらいはつけるようにしていたが、このごろそれもめんどくさくなり、花粉症やアレルギー、風邪予防などで マスクをしている女性も多いので 私も最近、近所に買い物に行く程度なら、化粧はせずマスクだけ、頭がボサボサな時は、帽子を深くかぶって帽子にマスクといった、ちょっと怪しい(笑)いでたちで出かけることも増えました。
日本では仕事中でも電車の中でも マスクをしている方を多くみかけますが、海外では マスクをする習慣などがない国も多く、日本ほどマスクを付けていないそうです。
夏の紫外線予防に 日傘などをさすのも 日本ぐらいらしいですよ。
私はマスクも日傘も帽子も必須なので、日本人で良かった、と思っています(笑)

すみれのつぶやき・・・明るさの調節の話

パソコンの画面の明るさって、明るい方が良い、見やすい、という人もいれば明るいのは目が疲れるから暗い方が良い、という人もいて、結構「明るい派、暗い派」に分かれますよね?ちなみに私が以前勤めていた仕事先の上司は、「明るい方が良い」と言ってましたし。(私は明るいの駄目なんですが)。それにノートパソコンだと、画面を斜めに倒す角度も皆人それぞれ違うもんなので、このサイトに料理の写真を載せる時、いつも、どの程度の明るさにすればいいのか、で結構悩みます。料理の写真をフォトショップで加工する時は、必ずパソコンの明るさをデフォルトに設定して、モニターも適度に起こしてから加工するようにしてますが、それにしても、どの人のパソコンから見ても、見やすい明るさにするのって、結構大変だなぁ、とやってみて実感します。写真によっては、本当は良く撮れてても、真っ黒で何がなんやらわからない写真もWEB上でよく見かけますよね。写真のサイズが大きければ暗くてもわかりますが、私の写真が小さいので、大きさに頼れない分、ある程度明るくしなければ・・・と思い、ついつい明るくしすぎて薄くなってしまうこともしばしばです。

夕飯献立、夕飯のおかずに迷ったら、夕食のおかず.com★食材野菜豆知識