食欲の話

私は以前、食欲がほぼ無い時期が2ヶ月位い続いたことがあり、食欲が無いだけならいいのだが
胃腸の働きが悪くなって 胃が空でもお腹がいっぱいのように感じ、吐き気(実際に吐いたりはしないが)が常にあり
体だけじゃなく精神的にも 食べ物を見るのも食べるのも何か嫌だ、うんざりする、と思い
とにかく体調がものすごく悪くて、もうどうにもこうにも外出するのもしんどくなったので
「何か悪い病気かもしれない、いや 絶対、こんなに長いこと食欲もなくて 吐き気もするし
今まで生きてきてこんなに体の体調が悪くなったことなんてないし」と思い
大の医者嫌いの私が意を決して病院に行きました。

病院に行って受付を済ませ 先ず血圧と脈と体温を計ってもらいましたが、結果は「正常値です」とのこと。
次に内科の先生の診察があって
「 食欲は無く、食べたくもなく、吐き気もするけど それじゃ体に悪いから無理して食べてます 」
等々、一通りの症状を話して、胃は痛むかとか便の状態等も聞かれ
その後尿検査の為尿を取り、採血もしました。

1時間後位いに再度診察室に呼ばれ 尿、採血の結果をパソコンで見ながら 先生が一言
「どこも異常ないですよ」
私 「 はっ? 」
先生 「 検査の結果を診る限りでは どこも悪い点はないです 」
私 「 血糖値は正常なんですか? 」 先生 「 はい 」
私 「 赤血球とか白血球とかの数値も正常なんですか? 私以前貧血って言われたんですけど 」
先生 「 いや、数値を見る限りでは貧血でもないです。正常です 」
私 「・・・・。じゃぁ、精神的なものでしょうか? 」
先生 「 その可能性が高いですね 」
もう先生もそれ以上話すこともないみたいなので、私は「 あ、そーですか・・」と言って
安心したやら 「 でもじゃあ、何でこんなに食欲もなく体調も悪いのか?」と思いながら
とにかくウチへ帰ることにした。

帰宅の途中、「 なんで食欲が無くなったんだろう? 食欲を取り戻す為にはどうしたら良いんだろう?」と考えた。

食欲が無くなった原因で思いあたったのは
@ このHPのレシピ写真等を追加するのに あいた時間に料理を作っていることもあり
作ったものはお腹がすいてなくても食べるので、3度の食事以外に食べる機会が多かったこと。
A イライラしたり考えごとをしてる時に お腹が空いてるわけじゃないのに口さびしくなって
ダラダラと甘い物などを口にほうりこんでいることがよくあった。
B 頭がカタイせいか、"お腹が空いてなくても"体の為にと三度の食事を時間通りきっちり食べていた
C 個人的に悩み(というかストレス)が重なった
・・・とまぁ思いつくのは大体このへんなのですが、ようするに
それほど体が食べたいと思ってない、食欲があるわけじゃないのに
それに反して ひたすら「食べよう、食べなきゃ」とやっていたのがまずかったみたいです。
( 本当に食欲があって食べてる分には良いんだと思いますが )

で、私が食欲を取り戻すために実際にやってみたことは
@ とりあえず胃腸の調子が良くなって食欲が出るまでの間 夕食は早め(5時頃 )にした。
A 消化の良いものを心がけ、消化の悪いもの、胃がもたれそうな物は避けた
B 栄養学をふまえつつ 出来るだけ 「 自分が食べたいと思うものを食べる 」 ようにした
C 間食はしない
D お菓子等の甘い物を控えた
甘いおやつ等を食べなければ( おあずけにすれば )
「 ケーキやおやつが食べたい〜! 甘いお菓子が食べたい〜!」」ってゆう欲求が沸いてくると思ったので。
実際甘いケーキやお菓子が食べたい欲求が出てきて効果はありました。

これらは私が実際にやってみたことですが 食欲が無く、胃があまり働かない人には良いと思います。
あと 上に書いた対処法は私には合ってましたが 人によって体質も良い対処法も千差万別なので
自分の体の声によく耳をすませて 「こーしたらいいんじゃないか? あーしたら良いんじゃないか?」と
色々と考えてやってみることが大事だと思います。

食欲が無い、胃の調子が悪い方などは「栄養をバランス良く」と思っていても、量を食べれない、
一度に色々な物は食べれない、という方も多いと思います。
少しずつ色んなモノを、という手もありますが、 1日で全ての栄養を無理にとろうとしないで、
4日とか1週間でローテーションを組んで食事のバランスをとる、という手もあります。
私も食欲のない時は、1日であれもこれもと、全ての栄養は摂れなかったので、
今日は大豆製品、明日は卵、その次は魚、とかって、 日を分けて食べるようにしてました。
野菜も食欲のない時はジュースにして摂ったりしたので、 食欲の無い方などは、
栄養を2日、3日にわけて、トータルでバランス良く摂ると、摂りやすいかな、と思います。

この時の経験を通して私が心底思ったことは 「 食欲ってホントに大事だなぁ 」ということ。
よく 「 食欲があるのは元気な証拠 」 とか 「 食欲は健康のバロメーター」とか言いますが、
ホントにそうだと思います。食欲=生命力になってるのかもしれない。
( 食欲がある時って坂を登るにしても 気合十分でぐんぐんいけるのに 食欲無い時ってすぐ疲れませんか?)
私も女なので 若い頃はさんざん無謀なダイエットもしたし 痩せたい、太りたくない願望も今だにあります。
若い頃は「 食欲がなきゃ太らないし 痩せるのに。食欲なんてなくなればいいのに 」と思ったことも多々あります。
でも いざ食欲が無い状態が続くとホンッとにしんどい。体調が悪い。体調が悪いと何をしても楽しくない。
昔から見た目を結構気にして毎朝体重計に乗る私も 今は
「食欲がなくて痩せてるより 食欲があって元気で太ってる方が良いじゃないか」と 自分自身に言い聞かせています。
じつは2年位い前から度々こーゆー状態になることはありましたが、その時は次の日には直ってたり、
そんな日が長く続いたわけではないので、あまり気にしなかったです。
よく「生活習慣病」とか言いますが、自覚症状が出てから直そうと思ってもそう簡単には直らないものなので
やっぱり何の症状もないうちに 自分に合った食生活とか内容とかを考えて 日々気を付けた方が良いです。
今はもうだいぶ食欲の方は回復してきて たまに食べ過ぎて困る時もある位いですが(笑)
何にせよ 皆さん 「 食欲は健康の源ですよ!!・食欲ってホンっと〜に大事ですよ!!」
胃が働かない時や、食欲のない時が続くなら工夫して改善していきましょうね。

<追記> 食欲には 「 脳が感じる食欲 」と 「 胃からくる食欲 」 と2通りあると思うのですが、
胃からくる食欲 ( いわるゆお腹空いた〜ってゆう空腹感 ) )を自分でコントロールするのは難しいですよね。
でも 脳が感じる食欲 ( ●●が食べたいなぁ〜、美味しそうだなぁと思う、気持ちからくる欲求 )を
自分で出す、コントロールすることは出来ると思います。
上にも少し書きましたが 私は大好きな甘いケーキやお菓子を一時的におあずけにすることで
「ケーキが食べたい〜お菓子が食べたい〜」という食への欲求が沸いてきました。
「 胃も働かないし 何も食べたいと思わない 」 という状態を、
少なくとも 「 胃は働かないけど 食べたいものはあるんだよね 」という風に改善することが出来ます。
別に甘い物じゃなくて お寿司が食べたいでも ラーメンが食べたいでも 大福が食べたいでも何でも良いのですが、
少し自分の好物をおあずけにしてみると「●●が食べたいなぁ〜」なんていう欲求が沸いてきて良いと思いますよ。
食べる物にあんまり恵まれぎて 甘いものからしょっぱい物まで
フルコース360度 食への欲求が全て満たされちゃっても
体だけじゃなく「 心もお腹いっぱい、満足し過ぎちゃう」のかなぁ〜とも思う私です。

<追記その2>
後から思い出したのですが、この時、体調が悪い日が続いて病院に行った時期が
ちょうど夏の終わり頃(2010年の9月頃)で、この年の翌年の夏(2011年の9月頃)も、
やっぱり7〜8月頃から体調の悪い食欲のない日が続いて 9月頃に吐き気と食欲不振と体調不良で
結構症状が重くなったので、もしかしたら暑い日が続いてるせいかもしれない、と思い、
クーラーを入れるなど工夫してみたところ、体調がかなり改善されて食欲も出てきたので、
夏の暑さのせいもあったと思います。
地球温暖化で年々夏の暑さも厳しくなってきているので、皆さんも暑い時は無理せずクーラーを入れる、
休むなどして夏は体調管理に十分気をつけて下さいね。

献立おかずレシピ 戻る