過去レシピバックナンバー
ブロッコリーレシピ

ブロッコリーレシピ。ブロッコリーを使ったおかず



ブロッコリーレシピ
ブロッコリーレシピ

●et cetera(エトセトラ)

ブロッコリーといえば、1年を通して、季節を問わずスーパーに売っていて、季節を問わず食べられる野菜、というイメージですが、
ブロッコリーには国産のブロッコリーと、アメリカなどからの輸入もののブロッコリーとあり、国産のブロッコリーの旬は、大体夏・冬です。
輸入ものは1年を通して輸入されるので、あまり季節感はないですよね。

ブロッコリーは古くなってくると、鮮やかな緑色が、黄色に変わってきて、そうなると味も落ちるので、見た目が綺麗で、
鮮やかな緑色をしている時に食べきった方が良いです。ブロッコリーを料理する時、大抵、塩茹ですると思いますが、ブロッコリーの場合、
他の野菜を塩茹でする時に比べて、気持ち塩を濃いめ、多めに塩を入れて茹でた方が、美味しいと思います。

ブロッコリーの湯で時間は、レシピ本によって多少違うと思うのですが、私は固めに茹でるのが好みで、家族の中には、
やわらかめに茹でるのが好みの者もいるので、ブロッコリーの茹で加減は、固めが好きなら短めに、やわらかめが好きなら長め、という風に、
好みの固さに茹でるのが一番良いんじゃないかな、と思います。
ちなみに、見た目がかいわれ大根によく似た、ブロッコリースプラウト、という野菜が売ってますが、アレはブロッコリーの芽で、
サラダなどにして、マヨネーズドレッシングをかけて食べたりすると美味しいです。
ちなみに、よく、かいわれ大根の根元をパックに残し、水を入れ替えて、かいわれ大根を育てつつ食している方もいますが、
ブロッコリースプラウトでも、かいわれ大根同様に、根元を残して育て、伸びた部分を食べることが出来るみたいです。(やったことはないですが)
食費を節約したい、ブロッコリースプラウトをよく買って食べている、という方は、ネット等で栽培方法を検索して、育ててみてはいかがですか?