ゆかりと枝豆のおにぎり
ゆかりと枝豆のおにぎり

温かいご飯

枝豆 ※冷凍の味付き枝豆で良いです

ゆかり


・お塩.........適量

  • 冷凍の枝豆は戻す、生は塩茹でし さやから出す
    (※枝豆に塩味が付いてる方が美味しいので、冷凍の味付きでも良いです )

  • 温かいご飯に 枝豆、ゆかりを入れて混ぜ おにぎりの形に握る

おにぎりレシピメニューに戻る
夕飯献立おかずレシピ


★その他イロイロ〜定番からちょっとリッチな具材などイロイロ簡単おにぎりレシピ★
夏が旬の枝豆。枝豆といえば塩で茹でるのが定番ですが、塩をまぶして焼いた、焼き枝豆も、
味、うまみが濃厚で美味しいですよ。でも枝豆を食べるとビールとか、お酒が飲みたくなりますよね・・(笑)

  • 明太子はおにぎりの他に、明太子スパゲティなども定番で美味しいです。→明太子おにぎり
  • とろろ昆布は、なぜか私が子供の頃から食卓にいつもあったです。そして今でも常に家にある・・おそるべしとろろ昆布→とろろ昆布おにぎり
  • 雑穀米ってよく噛むので満足感もあるんですよ。白いご飯とは又違った美味しさの焼きおにぎり→雑穀米の焼きおにぎり


★sumireのつぶやき★

  • 皆さん、お風呂で体を洗う時、何で洗っていますか?手に石鹸を付けて泡立てて、それを全身に付けて洗う、という方もいるでしょうし、お店で売ってるボディ用スポンジに石鹸を付けて泡立ててて使う、という方もいるでしょうし、亀の子タワシでゴシゴシ洗う、という方もいると思います。医学的に考えると、皮膚をゴシゴシ、強くこすると、色素沈着になったりと、肌にはよくないそう。特にナイロンのスポンジとかで、同じ場所を強くこすり続けたりすると肌に悪いそうで、私個人は、本当はナイロンとかで、肌をゴシゴシ、強い力でこすりたい人なのだが、それは肌に悪いってんで、比較的刺激の少ないスポンジに石鹸を泡立てて、やさしく洗うようにはしてます。でも、本当は強くゴシゴシやりたくてしょうがなくて、これだと物足りないんですよね〜。(でもおかけ様で肌トラブルはないのですが)

Copyright:(C)・夕食のおかず.com 献立 レシピ・All Rights Reserved