夕飯の参考、食材,野菜の知識などお役立ち色々紹介

毎日の夕飯、晩御飯の献立、食材,野菜の知識など 参考になりそうな本を紹介しています。
個人的に可愛いもの、変わったもの、珍しいかも、なんてものも好きだったりするので、
掘り出しもの的なものがあったら、そーゆーのも紹介していきたいです(笑)



美味しい野菜の見分け方

美味しい野菜の見分け方
日本を代表する料理人・徳岡邦夫と、環境保全型農業の第一人者・西村和雄が、舌の経験と農学を使って、キャベツ、いんげん、
トマト、ほうれん草、じゃがいも、大根・・おいしい野菜の見分け方のヒケツを明かす。 西村 おいしい野菜は農家との付き
合いの中で教えてもらいました。試食させてもらって、(おいしいなぁ)って言うと、(おいしい野菜ってこういう恰好してるんだよ)
って教えてくれる。 徳岡 この本だけを丸飲みにしないでください。この本を目安として、自分で味を確かめて
、経験値をつんでもらいたいと思います。 どんなふうに育ったのか―― それが健康な野菜の(かたち)を決める。 大根は、
表面の小さい穴が(均等)かどうか。 ほうれん草は色(濃い)ものより(薄い)色。 キャベツは、きれいな(五角形)のものを。
しいたけは軸が太いほうがいい。 トマトの頭には白い筋が見える。 日本を代表する料理人と農業の達人が教える、
おいしい野菜の見分け方。 日本を代表する料理人・徳岡邦夫と、環境保全型農業の第一人者・西村和雄が、舌の経験と農学を使って、
キャベツ、いんげん、トマト、ほうれん草、じゃがいも、大根・すべての野菜の見分け方のヒケツを明かします。

食と農を考える

食と農を考える
三菱総研の総合未来読本(フロネシス)シリーズの第2弾。 テーマは(食と農)です。 わが国の食料自給率は41%(カロリーベース)、
先進国では最低レベルです。 2030年、65%の社会を目指すためには どうすればいいかを考えたのが本書です。
・食料 2030年、 自給率65%達成へ 言葉は聞いたことがあるがよくわからない(食料自給率)。
いわゆる国産品を食べても自給率が上がるとは限らないという。 2030年、食料自給率65%達成への道を探る。
・流通 冬場でもキュウリを食べたい? 昨今、人気を呈する直販所などの台頭で、規格外野菜の販路の道がひらかれた。
(規格外)目線から、2030年の多様化する流通のあり方と姿を描く。 ・エコ 食と地球の関係を知るための3つの方法
どんな食べ物も環境問題と無関係でない。 エコライフを実現するためにも、地産地消など、 地球にやさしい食べ方が2030年に向けては必要だ。

ローフード

ローフード BASICS
思い立ったらすぐ作れる、 毎日をハッピーにしてくれるローフードレシピがいっぱい・ ) 仲里園子さん・山口蝶子さん
((ローフード・フォー・ビジー・ピープル)は、忙しい人に道をひらいた。 (ローフードBASICS)は、道を広げて標識を立てて、
さらに歩きやすくした。) 石塚ともさん (誰でも簡単にトライできるジェニファーのローフード・レシピは本当に感動的です。
中でも美白やアンチエイジングも期待できる、 素材のすべてが生きているロー・スウィーツが大好きです・ 。)
吉良さおりさん 基本が身につく、学べる。ローフードの王道レシピ&TIPS掲載。




その他おかずBOOK紹介





★夕飯献立お役立ちサイト。今日の夕飯メニュー、今晩の献立に迷ったら参考になさってください。献立組み合わせ例他、野菜や食材の旬の時期、美味しい野菜,食材の見分け方、食材豆知識、野菜の栄養なども紹介しています。その他 手作りスイーツ、おにぎりレシピ、お勧めキッチン用品などイロイロ紹介してます。

Copyright:(C)夕食のおかず・献立レシピ All Rights Reserved.